メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

アスベスト

関連キーワード

  • アスベスト(2016年10月20日 朝刊)

    天然に産する繊維状の鉱物で「石綿」とも呼ばれる。化学薬品に強く、断熱性や防音性に優れ、建物の壁の吹き付けや建材として多用されてきた。繊維を吸い込むと肺などに刺さり、10〜50年後に、石綿肺や中皮腫、肺がんなどを発症することがあると指摘され、日本では1975年に吹き付け使用が原則禁止となり、2004年に含有率1%超の製造・使用などが禁止、06年に同0・1%超の製造・使用などが禁止となった。

  • アスベスト(石綿)(2016年05月25日 朝刊)

    繊維状の鉱物で建物の耐火材や断熱材に使われた。空気中に飛散したものを吸い込むと肺がんなどの原因となる。潜伏期間は15〜40年といわれる。国は2006年に製造・使用を原則禁止したが、既存の建築物は増改築時などを除いて規制対象外。阪神大震災の際も倒壊建物からアスベストが飛散し、厚生労働省によると少なくとも3人の復旧作業員が中皮腫を発症した。

  • 泉南アスベスト国賠訴訟(2009年11月11日 夕刊)

    石綿紡織業が発展した大阪・泉南地域で、1960年代以降にせきや息切れの症状が現れ、石綿肺や肺がんになった元工場従業員や遺族ら30人(被害者26人)が06年から、国に生存者3300万〜死者4400万円の賠償を求めて提訴した。原告の一部は06年施行の石綿健康被害救済法の一時金などを受けているが、業者を規制しなかった国の責任を明らかにしたいと争っている。国は、60年代には、業者への改善指導などの対策を取っており責任はないとしている。

最新ニュース

石綿調査せず工事 長野・飯田の保育園改修(2019/5/20)有料記事

 長野県飯田市の私立保育園で、園舎の改修工事の際にアスベスト(石綿)が飛散する可能性があったにもかかわらず、大気汚染防止法に基づく必要な調査や届け出をしなかったとして、長野県が4月、園と工事業者2社に…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ