メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎をコトバンクで調べる

最新ニュース

写真・図版

温泉って効きますか 妊婦やがん患者は入ってもいい?(2019/1/3)

 年末年始、みなさんはどのように過ごしましたか? 温泉宿に泊まって1年間の疲れを癒やしたり、新年の決意を固めたりした人も多いのではないでしょうか。そんな温泉の表示で「美肌にいい」「高血圧に効く」といっ…[続きを読む]

関連キーワード

  • アトピー性皮膚炎(2008年08月21日 夕刊)

    かゆみを伴う発疹が、顔や首、ひじやひざなどに繰り返し出るアレルギー疾患。一般的に、「ステロイド」を塗って炎症を抑える薬物療法と、炎症予防のため皮膚を清潔にし保湿する治療を併用する。ステロイドを使いすぎると、皮膚の萎縮(いしゅく)など副作用もあるため、日頃から十分に保湿して炎症を起こりにくくすることが治療の基本とされる。

  • アレルギー疾患(2013年04月24日 朝刊)

    食べ物や花粉など本来なら体に害のない物質を「異物」と認識し、免疫が過剰に反応して起こる。食物アレルギーやアトピー性皮膚炎は子どもに多く発症する傾向がある。厚労省審議会の2011年の報告書は、全国民の半数が何らかのアレルギー疾患にかかっていると指摘している。全国の小中高生を対象にした文科省の調査(2004年度)では、アレルギー性鼻炎の有病率は9.2%、ぜんそくは5.7%、アトピー性皮膚炎は5.5%、食物アレルギーは2.6%。先進国では、アレルギー疾患の有病率は高まる傾向にある。

注目コンテンツ