メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月13日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

イスラム過激派

関連キーワード

  • イスラム過激派(2013年12月31日 朝刊)

    自ら信じるイスラム思想をテロや暴力で広め、社会を変えようとする勢力。1970年代末、世界でイスラム主義が復興した時期、ソ連のアフガニスタン侵攻への抵抗が大義となり広がった。国際テロ組織アルカイダや、アフガニスタンの反政府武装勢力タリバーンが代表的だが、イスラム主義勢力としては少数派だ。

  • イスラム過激派の欧米への反発(2017年10月08日 朝刊)

    英国とフランス、ロシアは第1次世界大戦中、勝利した際に敵国オスマン帝国が領有する中東地域の分割を画策。1916年、現在のシリアやイラクの一部を含む地域を領土や勢力圏にする密約を交わした。その後、国境線は大きく変更されたが、ISなどはいまの国境を「植民地主義の象徴」と反発している。

  • 部族地域(2009年07月02日 朝刊)

    アフガニスタン東部と国境を接するパキスタン北西部の地域。アフガン側と同じパシュトゥン人が多く住み、独自の社会習慣や規律による自治が認められている。パキスタン政府の支配が直接には及ばず、多くの住民が武装している。アフガン側との往来がほぼ自由にできるため、アフガンの旧支配勢力タリバーンやアルカイダが潜伏し、イスラム過激派によるテロの拠点となっている。

最新ニュース

写真・図版

広島の復活力を持ち帰りたい ボコ・ハラム被害のナイジェリア知事(2022/8/12)

 イスラム過激派「ボコ・ハラム」による襲撃や生徒の誘拐などの被害が大きいナイジェリア北東部の州知事らが8月上旬、広島市を訪れた。復興や地域の安定化などについて学んだボルノ州のババガナ・ウマラ・ズルム知…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】あの名作にこんなご近所感が

    ほんやのほん

  • 写真

    【&M】洗練されたスポーツカー

    新型「フェアレディZ」

  • 写真

    【&Travel】送り火見物に自然派たこ焼き

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】僕の曲、鼻歌で歌ってほしい

    作詞家・いしわたり淳治さん

  • 写真

    【&w】モンテッソーリ教育の先生の一日

    久保純子 LIFE in N.Y.

  • 写真

    好書好日実家じまいに1800万円!

    松本明子が語る「しくじり」

  • 写真

    論座院内学級の希望と課題

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンビジネスパーソン意識調査

    どんな会社で働きたいですか?

  • 写真

    Aging Gracefully岡村孝子さんインタビュー

    闘病乗り越え、歌に込めた想い

  • 写真

    GLOBE+「肥満の警官は加われない」

    警察が太りすぎ対策に乗り出す

  • 写真

    sippo犬は留守番が苦手

    少しでもストレスを減らすには

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ