メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

もっと!ロケット

イプシロン

イプシロン

新型ロケット「イプシロン」
イプシロンとは

 2006年に運用を終えた「M(ミュー)5」の後継機として開発された固体燃料ロケット。高度数百キロの地球周回低軌道に1.2トンを運ぶことができる。惑星探査や宇宙観測など科学衛星のほか、将来的には国内外の小型衛星打ち上げへの活用も目指している。イプシロンはギリシャ文字の「E」で、「革新」「開拓」「教育」などの意味が込められている。

[何がすごいの?]

矢印をクリックすると衛星分離までの様子がわかります

無重力世界の、さまざまなふしぎにいざないます。先生は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)名誉教授の的川泰宣さんです。

最新ニュース

写真・図版

鹿児島)二宮さんが年間代表作「偶然性が写真の醍醐味」(2019/3/3)有料会員限定記事

 2018年、読者から朝日新聞に投稿・提供された写真から優れた報道写真を選ぶ「読者の新聞写真」の年間代表作の一点に、姶良市加治木町の二宮忠信さん(68)の「軌跡の朝焼け」が選ばれた。ロケット「イプシロ…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ