メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

インスリン

関連キーワード

  • インスリン(2017年03月08日 夕刊)

    血液中に含まれる糖を体の細胞に取り込む働きをするホルモン。食事で血糖値が上がると大量に分泌される。インスリンの分泌や作用が十分でないと、血糖値が慢性的に高い状態の糖尿病になる。逆に、インスリンが過剰になると意識障害や昏睡(こんすい)などを起こす危険がある。

  • 糖尿病薬(2010年03月05日 朝刊)

    糖尿病患者の多くは生活習慣などでインスリンの分泌や働きが衰える「2型糖尿病」で、食事・運動療法や飲み薬、インスリン注射などで治療する。飲み薬には様々なタイプがあり、たとえば膵臓に直接働くインスリン分泌促進薬は一般的によく用いられるが、血糖値が下がっても効くために特に低血糖に注意する必要があるなど、扱いに難しい面があった。

  • 糖尿病(2016年11月26日 朝刊)

    膵臓から分泌されるインスリンが十分に作用せず、血糖値が高い状態が慢性的に続く病気。食生活や運動不足などの生活習慣が起因となる「2型糖尿病」が患者の大部分を占める。高血糖の状態が続くと血管や神経が傷つき、様々な臓器に障害が起きる。失明や足の切断、脳卒中、心筋梗塞(こうそく)などを引き起こすこともある。厚生労働省の調査では、2014年の糖尿病患者数は316万6千人で、前回調査(11年)から46万6千人増えたという。

最新ニュース

写真・図版

糖尿病の筋肉減少、血糖値の上昇が関与 マウスで解明(2019/2/22)有料記事

 糖尿病の症状のひとつとしてあらわれる筋肉減少について、その仕組みの一端がわかったとする研究成果を、神戸大などのチームがまとめた。米医学誌「JCIインサイト」に21日、掲載される。 糖尿病が進行すると…[続きを読む]

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】充電不要のスマートウォッチ

    体温で発電! 非常時に超便利

  • 写真

    【&TRAVEL】中田英寿 福島を旅する

    品評会で受賞した福島牛〈PR〉

  • 写真

    【&M】男性都合の笑いやアイドル像

    いつまで続くのか

  • 写真

    【&w】追悼カール・ラガーフェルド

    写真でたどる「皇帝」の足跡

  • 写真

    好書好日「女優になるなら本を読め」

    大原櫻子さん、父からの言葉

  • 写真

    WEBRONZAクリーンエネルギーで遅れ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン世界一高い場所にあるホテル

    ザ・リッツ・カールトン香港

  • 写真

    T JAPAN連載・私的な旅遺産 第3回

    ブータン王国、早春の憧景

  • 写真

    GLOBE+女の子がサッカーなんて

    ……の声を乗り越えた難民たち

  • 写真

    sippo愛犬にオンリーワンの服

    型紙付きで紹介する本

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ