メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

インドネシア

関連キーワード

  • インドネシアの総選挙、大統領選挙(2008年12月09日 朝刊)

    次回総選挙は09年4月。国会の議席の20%、得票率で25%以上を得た政党か政党連合が、7月の大統領選で正副大統領候補を擁立できる。9月の世論調査の支持率では、メガワティ前大統領の野党、闘争民主党が18.6%、スハルト時代の翼賛組織の流れをくむ与党ゴルカル党が18.5%とほぼ互角。大統領選には、ユドヨノ大統領のほか、メガワティ氏、スルタン(イスラム王侯)のハメンクブウォノ10世、元国軍司令官のウィラント氏らが立候補を表明している。投票の結果、過半数を超す正副大統領候補がいない場合は上位2組による決選投票が行われる。

  • インドネシア人看護師、介護福祉士(2009年02月17日 朝刊)

    日本とインドネシアのEPA締結で08年度から受け入れが始まり、施設や病院で働きながら国家試験の勉強ができ、国家資格取得後も引き続き日本で働くことが認められるようになった。看護師試験は3回まで受験でき、介護福祉士試験は3年以上働けば受験できる。この制度以外では、外国人看護師は日本の国家資格保有者に限り7年以内で研修目的就労が認められているだけで、介護についての就労目的の在留資格はなかった。今後はフィリピンの看護師、介護福祉士も受け入れる予定。

  • インドネシアからの看護師、介護福祉士の候補者受け入れ(2009年03月02日 朝刊)

    インドネシアと日本両政府の協定に基づき、計208人が来日。100カ所の介護施設や病院で資格のいらない看護助手や介護助手として働いている。看護師候補者は母国で資格を持つ人のみで滞在許可期間は3年。介護福祉士候補は4年。その間に日本語で国家試験に合格しないと帰国しなければならない。

最新ニュース

写真・図版

アジア大会聖火がジャワ島到着 発祥の地インドから(2018/7/17)

 【ジョクジャカルタ共同】インドネシアのジャカルタを中心に8月18日に開幕するアジア大会の聖火が17日、ジャワ島中部の観光地ジョクジャカルタに到着した。第1回大会を開催した発祥の地、インド・ニューデリ…[続きを読む]

インドネシアをコトバンクで調べる

写真

  • 聖火の入った容器を手に持つインドネシアのバドミントン五輪金メダリスト、スシ・スサンティさん(中央)=17日、ジョクジャカルタ(共同)
  • 作品について語るアイ・チョー・クリスティン
  • 奥原希望
  • 15日、インドの首都ニューデリーにある観光名所「インド門」周辺を回ったアジア大会の聖火(共同)
  • インタビューに答えるLINEの出沢剛社長=10日、香港、福田直之撮影
!

シンプルコースも「auかんたん決済」で

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】夏のアウトドアに!

    カセットガスで冷やす冷蔵庫

  • 写真

    【&TRAVEL】歴史感じるニュルンベルク

    ドイツ・ロマンチック街道

  • 写真

    【&M】高橋愛を支えきった新垣里沙

    モー娘。復権までの道のり

  • 写真

    【&w】デザイナー・三宅一生とは?

    上間常正@モード

  • 写真

    好書好日「えがないえほん」大ヒット

    全国行脚した訳者の苦労

  • 写真

    WEBRONZAメジャー前半戦の評価は

    二刀流で想像を超える大活躍

  • 写真

    アエラスタイルマガジンUKジャズとUKソウルが融合

    進化を続けるふたりの来日公演

  • 写真

    T JAPANバーバリーの名品を再解釈

    コラボレーション第二弾が登場

  • 写真

    GLOBE+バリ島のバナナで作る紙

    口コミで広がり世界へ

  • 写真

    sippo愛犬を失った心の傷を癒やす

    小さな猫の意外な行動

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ