メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月04日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

インフルエンザ

【解説動画】インフルエンザ大流行のわけ(2019/2/7)

  インフルエンザが大流行し、患者数は過去最多になりました。今季は2種類のウイルスが同時に流行していて、いったん感染から回復したのに、また感染する例が出ています。1分動画でわかりやすく解説します。[続きを読む]

インフルエンザをコトバンクで調べる

PR情報

最新ニュース

写真・図版

宮崎)50代無職男性が新型コロナ陽性 4例目(2020/4/4)有料記事

 宮崎県は3日、延岡市の50代の無職男性が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。男性は延岡市内の病院に入院した。症状は安定しているという。県内の発生は4例目。 県によると、男性は3月19~23日…[続きを読む]

関連キーワード

  • インフルエンザ(2018年02月04日 朝刊)

    インフルエンザウイルスに感染することで、38度以上の発熱や関節痛などの症状が急速に現れるのが特徴。ウイルスはA、B、Cの型に大きく分類され、流行しやすいのはA型とB型。12月〜翌年3月が流行期で、患者のくしゃみやせきのしぶきが、ほかの人の鼻やのどに入り、感染が広がる。ウイルスがついた物を触った後に自分の鼻や口を触り感染することもある。

  • インフルエンザ治療薬(2009年05月22日 朝刊)

    新型インフルエンザの治療薬として国が備蓄するのは、スイス・ロシュのタミフルと、英グラクソ・スミスクラインのリレンザ。ともに欧州で生産し、日本に輸入している。国と都道府県などで計約3800万人分の備蓄があるが、国は11年度末までにさらに約2300万人分増やす目標を掲げている。

  • 新型インフルエンザ(2011年07月15日 朝刊)

    2009年4月、メキシコで感染が確認された新型の豚インフルエンザウイルスは、ほとんどの人に免疫がなく、全世界で流行。日本でも5月には5千を超す小中高などの学校で休校が相次いだ。厚生労働省によると2077万人が受診、203人が死亡した。

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&D】ドライブの楽しみ方

    ラジオDJ・秀島史香さん

  • 写真

    【&TRAVEL】“何げない日常”への賛歌

    永瀬正敏フォトワークス・記憶

  • 写真

    【&M】レクサスUX200の走りと内装

    小川フミオの評価とは<PR>

  • 写真

    【&w】森でいちばんのもふもふ

    ふくろうの赤ちゃん

  • 写真

    好書好日馬鹿ブス貧乏のサバイバル術

    藤森かよこさんの人生指南

  • 写真

    論座新型コロナ発熱者を可視化へ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンやはりBMWはカッコいい。

    M8グランクーペの魅力とは

  • 写真

    T JAPAN濱美奈子のハーモニー占星術

    4月のあなたの運勢は?

  • 写真

    GLOBE+新型コロナと日米同盟

    米軍重視、同盟国の感染状況

  • 写真

    sippo君は君のままでいい

    山育ちの元野良犬「ギー」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ