メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

インフルエンザ

【解説動画】インフルエンザ大流行のわけ(2019/2/7)

  インフルエンザが大流行し、患者数は過去最多になりました。今季は2種類のウイルスが同時に流行していて、いったん感染から回復したのに、また感染する例が出ています。1分動画でわかりやすく解説します。[続きを読む]

PR情報

最新ニュース

写真・図版

ふだんは見られないトキ飼育の裏側公開 出雲市(2022/8/13)

 関西以西では唯一、国特別天然記念物・トキの飼育と繁殖に取り組む島根県出雲市の市トキ分散飼育センター(西新町2丁目)で7日、飼育現場の裏側を見るツアーがあった。昨年の試行を経て今夏から本格的に始めた。…[続きを読む]

関連キーワード

  • インフルエンザ(2018年02月04日 朝刊)

    インフルエンザウイルスに感染することで、38度以上の発熱や関節痛などの症状が急速に現れるのが特徴。ウイルスはA、B、Cの型に大きく分類され、流行しやすいのはA型とB型。12月〜翌年3月が流行期で、患者のくしゃみやせきのしぶきが、ほかの人の鼻やのどに入り、感染が広がる。ウイルスがついた物を触った後に自分の鼻や口を触り感染することもある。

  • インフルエンザ治療薬(2009年05月22日 朝刊)

    新型インフルエンザの治療薬として国が備蓄するのは、スイス・ロシュのタミフルと、英グラクソ・スミスクラインのリレンザ。ともに欧州で生産し、日本に輸入している。国と都道府県などで計約3800万人分の備蓄があるが、国は11年度末までにさらに約2300万人分増やす目標を掲げている。

  • 新型インフルエンザ(2011年07月15日 朝刊)

    2009年4月、メキシコで感染が確認された新型の豚インフルエンザウイルスは、ほとんどの人に免疫がなく、全世界で流行。日本でも5月には5千を超す小中高などの学校で休校が相次いだ。厚生労働省によると2077万人が受診、203人が死亡した。

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】広い室内と使い勝手の良さ

    キャンピングカーで行こう!

  • 写真

    【&Travel】香港の気になる男性と警察官

    永瀬正敏フォト・ワークス

  • 写真

    【&Travel】「雪の玉」は断食のお菓子?

    欧州おいしい旅・ドイツ

  • 写真

    【&M】自然とテクノロジーの融合

    ボルボ、チームラボのアート展

  • 写真

    【&w】ココナツ香るゴーヤ炒め

    料理家冷水希三子の何食べたい

  • 写真

    好書好日中野好夫が憲法を「勉強」

    私費で日本人の憲法意識調査も

  • 写真

    論座沖縄県知事選の勝敗のカギ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンラルフ ローレン表参道に

    カフェトラック期間限定で登場

  • 写真

    Aging Gracefully肌のポテンシャルに上限なし

    がんばらなくてもキレイを保つ

  • 写真

    GLOBE+「熱波は体をむしばむ」

    想像以上に大きい熱さの影響

  • 写真

    sippo財産を動物のために役立てる

    「遺贈寄付」という選択

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ