メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月05日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

インフルエンザ

【解説動画】インフルエンザ大流行のわけ(2019/2/7)

  インフルエンザが大流行し、患者数は過去最多になりました。今季は2種類のウイルスが同時に流行していて、いったん感染から回復したのに、また感染する例が出ています。1分動画でわかりやすく解説します。[続きを読む]

PR情報

最新ニュース

写真・図版

政府の方針急転、命に直結する問題 自宅療養どこまで(2021/8/4)有料会員記事

 政府は新型コロナウイルス患者の「入院制限」を打ち出した。インドで見つかった変異株(デルタ株)の猛威で医療が逼迫(ひっぱく)するためだが、一部の中等症患者も自宅療養としており、方針転換といえる。容体の…[続きを読む]

関連キーワード

  • インフルエンザ(2018年02月04日 朝刊)

    インフルエンザウイルスに感染することで、38度以上の発熱や関節痛などの症状が急速に現れるのが特徴。ウイルスはA、B、Cの型に大きく分類され、流行しやすいのはA型とB型。12月〜翌年3月が流行期で、患者のくしゃみやせきのしぶきが、ほかの人の鼻やのどに入り、感染が広がる。ウイルスがついた物を触った後に自分の鼻や口を触り感染することもある。

  • インフルエンザ治療薬(2009年05月22日 朝刊)

    新型インフルエンザの治療薬として国が備蓄するのは、スイス・ロシュのタミフルと、英グラクソ・スミスクラインのリレンザ。ともに欧州で生産し、日本に輸入している。国と都道府県などで計約3800万人分の備蓄があるが、国は11年度末までにさらに約2300万人分増やす目標を掲げている。

  • 新型インフルエンザ(2011年07月15日 朝刊)

    2009年4月、メキシコで感染が確認された新型の豚インフルエンザウイルスは、ほとんどの人に免疫がなく、全世界で流行。日本でも5月には5千を超す小中高などの学校で休校が相次いだ。厚生労働省によると2077万人が受診、203人が死亡した。

PR注目情報

注目コンテンツ