メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

エルサレム

最新ニュース

写真・図版

苦戦のイスラエル首相、ヨルダン川西岸の一部併合表明(2019/9/11)有料記事

 イスラエルのネタニヤフ首相は10日、今月17日の総選挙で首相を続投することになった場合、パレスチナ自治区のヨルダン川西岸地区のうち、ヨルダン渓谷など一部地域をイスラエルに併合する考えを明らかにした。…[続きを読む]

関連キーワード

  • エルサレム(2012年07月27日 朝刊)

    イスラエルが1967年の第3次中東戦争で占領後、一方的に自国領に併合。国際社会は認めていないが、イスラエル政府は東エルサレムを含むエルサレム全域を「不可分の首都」とし、ユダヤ人入植地の建設を進める。一方、パレスチナは、東エルサレムを首都とする国家樹立を目指している。

  • エルサレム問題(2018年03月08日 朝刊)

    イスラエルは48年の第1次中東戦争で西エルサレムを獲得。67年の第3次中東戦争後には東エルサレムを併合し、エルサレム全域を「首都」と宣言した。国際社会はこれを認めず、日米など多くの国はテルアビブに大使館を置いてきた。だが、トランプ大統領はエルサレムをイスラエルの首都と宣言し、今年5月に米大使館をエルサレムに移転させると表明した。エルサレムの地位はイスラエルとパレスチナの和平交渉で決めるという従来の立場を覆した。

  • ユダヤ人入植地(2010年09月23日 朝刊)

    イスラエルが67年の第3次中東戦争で占領したヨルダン川西岸と東エルサレム、ガザ地区に建設した。ガザ地区からは05年に撤退。現在、西岸だけで約120カ所あり、東エルサレムをあわせ、計約50万人が入植している。

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ