メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

キュリオシティ(火星探査車)

キュリオシティ

欧州宇宙機関(ESA)提供

キュリオシティ

キュリオシティとは

 NASA(米航空宇宙局)が2011年11月に打ち上た無人火星探査車。正式名称は「マーズ・サイエンス・ラボラトリー(Mars Science Laboratory)」。全長3メートルの車体(重さ900キロ)に6つの車輪があり、1日200メートルを移動できる。ロボットアームやドリルを備え、岩石を採取したり砂の組成を内部で分析したりできる。2012年に火星に着陸、2年かけて火星に生命が存在した可能性を調べる。開発費は約1930億円。

(写真は火星を探査するキュリオシティのイメージ=NASA提供、ロイター提供)

火星探査のニュース

無重力世界の、さまざまなふしぎにいざないます。先生は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)名誉教授の的川泰宣さんです。

最新ニュース

写真・図版

中国、砂漠に模擬火星基地 420億円かけて観光拠点に(2019/4/20)

 子どもたちに火星での暮らしをイメージしてもらう模擬施設「火星1号基地」が17日、中国北西部・甘粛省金昌のゴビ砂漠に完成した。火星に関する知識を広めるとともに、宇宙の魅力を伝えるのが狙いという。国営新…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ