メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ギリシャ

関連キーワード

  • ギリシャ暴動の経緯(2008年12月13日 朝刊)

    今月6日夜、アテネ中心部の学生街で15歳の少年が警察官の銃弾を受け、死亡した。直後に学生らが火炎瓶や投石で警官隊を攻撃し始め、翌日には暴動が全国に拡大。12日まで連日騒ぎが続いている。当初は警官が少年を射殺したと伝えられた。これに対して警察側は、少年ら約30人がパトカーを襲撃したとし、殺人容疑で逮捕された警官は「警告発砲の弾が跳ね返ってあたった」と主張している。

  • ギリシャ財政危機(2010年04月25日 朝刊)

    昨年10月のパパンドレウ政権発足後、前政権による巨額の財政赤字隠しが発覚。09年の財政赤字は国内総生産(GDP)比12・7%で、EUの財政基準3%の4倍以上に。その後、財政赤字はさらに13・6%にまで膨らんだ。ギリシャ政府は23日、EUの共通通貨ユーロ導入国としては初めて、ユーロ圏諸国とIMFに金融支援を要請した。

  • ギリシャ支援(2011年05月18日 朝刊)

    2009年の政権交代にともなって財政赤字の粉飾が表面化し、国債価格が暴落。欧州全体の金融不安の恐れが出たため、欧州連合(EU)と国際通貨基金(IMF)が10年5月にまとめた。融資総額は3年間で1100億ユーロ(約12兆7千億円)。ギリシャは財政の立て直しを進め、12年から一部の国債を自力で発行して資金調達する計画になっている。

最新ニュース

写真・図版

自国ファースト「愚かで破滅的」 習氏、米に当てこすり(2019/5/16)

 中国政府は15日、アジア各国との文化交流促進を目指す初の「アジア文明対話大会」を北京で開いた。開幕式で演説した習近平(シーチンピン)国家主席は「国際情勢が不安定になる中で、共通課題に対処するために文…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ