メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

クーリングオフ

関連キーワード

  • クーリングオフ(2014年09月19日 朝刊)

    「頭を冷やす」という意味の言葉で、内容がよくわからないまま契約した消費者を守るため、一定期間なら違約金も払わずに解約できるようにした制度。訪問販売やマルチ商法などが対象。期間は8〜20日間で売り方によって違う。従来の法律では店頭販売や通信販売は原則として対象外になっている。

  • 特定継続的役務提供(2008年07月05日 朝刊)

    契約期間が2カ月を超え、金額が5万円を超える英会話などの語学教室、結婚相手紹介、家庭教師、学習塾、パソコン教室、エステティックサービスが対象(エステのみ契約期間1カ月超)。書面による契約が義務付けられ、クーリングオフが認められている。倒産した時や途中解約時に前払い金の返還がトラブルになることが多く、国民生活センターが受けた6業種に関連した相談は07年度4万件を超えた。

  • 消費者契約法(2014年11月05日 朝刊)

    企業などの事業者と、一人一人の消費者では、持っている情報の質や量に格差があることを踏まえ、契約ルールを定めた法律。2001年に施行された。事業者が消費者に事実と異なることを伝えたり、「確実に値上がりする」と断定的な判断を提供したりするなど、不当な勧誘があった場合に契約を取り消せる規定がある。民法にも適用できるルールがあるが、消費者保護の観点から要件を緩やかにして使いやすくしている。これとは別に、訪問販売や電話勧誘など一部の取引手法に限って消費者保護を図る法律に特定商取引法があり、一定期間内の解約を認めたクーリングオフ制度を定めている。

最新ニュース

台風便乗の悪徳商法に気を付けて 今月125件相談(2019/9/26)

 台風15号に便乗して悪質商法が広がるおそれがあるとして、消費者庁は25日、不審な勧誘や電話に気をつけるよう注意を呼びかけた。家屋の修理工事など、台風15号関連とみられる相談が今月8~23日に125件…[続きを読む]

クーリングオフをコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ