サッカーW杯

関連キーワード

  • サッカーW杯南アフリカ大会(2010年12月24日 夕刊)

    アフリカで初めて開かれたW杯。日本代表は大会前の親善試合で4連敗し、岡田武史監督(当時)の更迭論も持ち上がったが、強豪カメルーン、デンマークを破って海外開催で初めて1次リーグを突破した。決勝トーナメント初戦でパラグアイにPK戦で敗れたが、この試合の平均世帯視聴率は53.5%(ビデオリサーチ調べ、関西地区)を記録した。優勝はスペイン。本田選手の無回転シュートは、ボールを回転させないように一点に強烈な衝撃を与える蹴り方で、空気抵抗が大きくなって弾道がぶれるとされる。世界のメディアが取り上げた。

  • リオデジャネイロ(2009年10月03日 夕刊)

    ブラジル南東部の国内最大の港湾都市。人口約600万人。カーニバルやコルコバードの丘の巨大キリスト像などが有名。五輪開催は8月5日から21日を予定。競技会場は4地区に分かれ、既存18、新設9、仮設6。14年サッカーW杯後に建設が必要な会場は26%。開催時期の8月の平均気温は約22度。

  • 大分銀行ドーム(2015年02月02日 朝刊)

    大分スポーツ公園内にある総合競技場で、2001年3月に完成した。大分トリニータのホームスタジアム。開閉ドーム形で、サッカー、ラグビー、陸上といったスポーツ大会をはじめ、さまざまな文化イベントにも対応できる。02年サッカーW杯では九州で唯一の会場となった。最大収容人員は4万人。

最新ニュース

写真・図版

青森)縁起物「津軽凧」に新しい風 職人の溝江由樹さん(2020/2/23)有料記事

 津軽凧職人の溝江由樹(みぞえゆうき)さん(44)は、青森県弘前市の観光施設「津軽藩ねぷた村」のスタッフとして勤務しながら、県伝統工芸士として、津軽地方伝統の縁起物「津軽凧(だこ)」を制作している。 …[続きを読む]

PR情報