メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月07日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

シェールガス

関連キーワード

  • シェールガス(2014年01月29日 朝刊)

    地下深くにある頁岩(けつがん〈シェール〉)層に含まれる天然ガス。低コストで採掘できる技術が確立し、北米で採掘が本格化している。米国ではガスや石油が安くなったことで製造コストも下がり、「製造業の復活」が叫ばれている。

  • メタンハイドレートとシェールガス(2013年08月15日 朝刊)

    天然ガスの主成分のメタンガスが、温度が低く圧力が高い環境下で、水と結合してできた氷状の物質が前者。1立方メートル分を分解すると、体積の160〜170倍のメタンガスを得られるとされる。後者は頁岩(けつがん)(シェール)と呼ぶ岩盤層に含まれる天然ガス。岩盤に水圧をかけて割れ目をつくってガスを採取する技術が確立され、エネルギーコストを引き下げるとも言われる。

  • 欧州のシェールガス開発(2014年04月17日 朝刊)

    シェールガスとは、地下深くにある頁岩(けつがん=シェール)層に含まれる天然ガス。1990年代末、低コストで採掘できる技術が確立。北米を中心に採掘が本格化し、「シェールガス革命」と呼ばれた。欧州ではポーランドやフランス、ウクライナで埋蔵量が多いとされる。だが、「水圧破砕」が環境汚染を招くとして欧州諸国では反対論が根強く、フランスでは試掘や本格的な採掘が法律で禁止されている。

最新ニュース

(投資透視)兜町半世紀 世界最大の産油国どこに 米国が純輸出国に転じ生産の構図が変化(2020/8/7)会員記事

 若い頃、アナリストとしてエネルギーを担当した私は、その後、オイルマネー(産油国の政府資金)の日本株運用を任された経験もあります。ここ半世紀の原油市場を振り返り、今後の展開を考えてみます。 原油価格の…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ