メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

シャルリー・エブド

関連キーワード

  • シャルリー・エブド(2015年01月08日 夕刊)

    風刺画が売り物の仏週刊新聞。前身は1960年に創刊された月刊紙「アラキリ」で、週刊化された後の70年にはドゴール元大統領の死去を巡る表現で発禁になった。その後、現在の題名で再刊し、一時休刊の後、92年に復刊された。AFP通信によると、平均部数は約3万部。昨年12月31日付紙面では、若者が「聖戦」に向かうようになる様子を風刺していた。

  • 仏テロとシャルリー・エブドの風刺(2015年02月02日 朝刊)

    イスラム過激派とみられる兄弟が1月7日、イスラム教の預言者ムハンマドを風刺していたフランスの週刊新聞「シャルリー・エブド」の記者ら12人を殺害。8日には、連携した男も警察官を殺害して逃走した。翌日、立てこもった兄弟と男が射殺され、その際に人質4人が犠牲になった。フランスでは370万人がテロを非難して行進。多くの人が「私はシャルリー」と表現の自由を訴えた。同紙はムハンマドが涙する風刺画を表紙にした特別号を刊行した。

  • フランスの連続テロ(2015年03月03日 朝刊)

    1月7日、風刺画を売り物とする仏パリの週刊新聞「シャルリー・エブド」が襲撃され、編集幹部や記者、風刺画家、警官らが犠牲になった。襲撃した2人の容疑者はその後、パリ郊外で人質を取って立てこもった。ほぼ同時にパリ東部でも別の容疑者による立てこもり事件が発生。3容疑者はそれぞれ当局が射殺、三つの事件で計17人が犠牲になった。3容疑者はいずれもイスラム過激思想に染まっていた。

最新ニュース

黄色いベストとブラック・ブロックの危険な関係(2019/3/22)

自滅に向かう「黄色いベスト」 「黄色いベスト」が自滅に向かいつつある。 3月16日の18回目デモは「パリ集中」「マクロンへの最後通牒」をかけ声に、パリ・シャンゼリゼ大通りで、老舗カフェや有名ブティック…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】渋谷の新駅ビルが11月開業

    街を見渡す展望施設も〈PR〉

  • 写真

    【&M】衰退からの復興

    ポルトガルに見る芸術の光

  • 写真

    【&w】魅力的なヘタウマ

    へそまがり日本美術開催中

  • 写真

    好書好日だいすけお兄さんも登場

    「ノラネコぐんだん展」開催中

  • 写真

    論座自動車業界 不正の連鎖

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン蛍鑑賞と優雅なディナーを

    65年目を迎えるほたるの夕べ

  • 写真

    T JAPAN姉妹が作るシャンパーニュ

    「ゾエミ・ド・スーザ」

  • 写真

    GLOBE+幸せのヒント探し続け30年

    連載「アジアで働く」

  • 写真

    sippoペットグッズ店に猫置き去り

    引き取られて「姫」になる

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ