メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

シンガポール

関連キーワード

  • シンガポール(2009年03月24日 朝刊)

    「シンガプーラ」(ライオンの町)と呼ばれるマレー系漁民数百人の漁村に1819年、イギリス東インド会社のラッフルズが上陸。太平洋とインド洋を結ぶ貿易都市として発展した。1867年に英国植民地。1942年に旧日本軍に占領されたが、戦後再び英国植民地となった。63年に独立したマレーシアの1州となるが、マレー系と中国系の対立などから65年8月、分離独立した。初代首相のリー・クアンユー(現顧問相)が結成した人民行動党が一貫して政権を維持。70年以降、急速な経済成長を遂げている。

  • シンガポールの外国人受け入れ政策(2009年04月04日 朝刊)

    少子化が進む中で外国人の受け入れを進めているが、富をもたらす者を優遇する一方、単純労働者を厳しい管理下に置く。政府は03年以降、企業への出資や住宅購入などシンガポールでの投資額が100万〜200万シンガポールドルに達した人に永住権を与える制度を設けた。先端技術研究者にも優先的に永住権を与える。建設労働者やメードなど約50万人とされる単純労働者は住む場所を限られ、永住権保持者との結婚は禁止。女性は年2回の検査を受け、妊娠がわかれば帰国させられる。

  • シンガポールの選挙制度(2009年04月18日 朝刊)

    14の集団選挙区(計75議席)と9の小選挙区(計9議席)の全23選挙区(計84議席)で行われる。集団選挙区は、各政党の5〜7人のグループで競い、最多得票のグループが選挙区の全議席を獲得する。人材や資金に乏しい野党には候補擁立が難しいため、与党・人民行動党(PAP)に有利な選挙区割りと合わせ、結果としてPAPの一党支配の維持につながっている。

最新ニュース

写真・図版

地球的課題に挑む力、鍛える 朝日教育会議(2018/12/15)

 ■早稲田大×朝日新聞 急速なグローバル化や技術革新によって、世界を取り巻く環境はかつてないスピードで大きく変化している。そんな時代に、日本の大学や企業が国際競争力を高め、地球的課題を解決して世界に貢…[続きを読む]

シンガポールをコトバンクで調べる

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】元ギターキッズにおすすめ!

    マーシャル感満点のイヤホン

  • 写真

    【&TRAVEL】“黒魔術”の島で不思議体験

    楽園ビーチ探訪

  • 写真

    【&M】自分でネジ締めできますか

    キャンプ車のタイヤチェック

  • 写真

    【&w】年の初めを迎えるしめかざり

    美しい日本の文化

  • 写真

    好書好日野宮真貴の着こなし術が満載

    “手作り”「おしゃれかるた」

  • 写真

    WEBRONZA『まんぷく』の塩作りに異論

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンハワイ島で過ごす最高の時間

    人気ホテルがリニューアル

  • 写真

    T JAPAN表現者がまとう、ダイヤモンド

    朝吹真理子、中村祥子らが競演

  • 写真

    GLOBE+黄色いベスト、どこから来た

    GLOBE編集長が解説

  • 写真

    sippo日本の冬といえば「こたつ」

    猫専用こたつを試してみた

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ