メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

シンギュラリティーにっぽん

シンギュラリティーにっぽん

 人工知能(AI)が人間を超える「シンギュラリティー」(技術的特異点)が来るといわれる。すでに生活を大きく変え始めているAIだけでなく、国境を越える巨大企業の「支配力」や超高齢社会など、平成の先は加速度的な変化が起きると予想される。そんな多くの「特異点」に私たちはどう向き合えばいいのか。連載「シンギュラリティーにっぽん」で探る。

最新ニュース

写真・図版

AI兵器「多くの国が興味」とカラシニコフ社長(2019/10/16)有料会員限定記事

■シンギュラリティーにっぽん 人間の判断を介さずに敵を殺傷できる「AI兵器」が現実味を帯びてきた。登場したら、戦争の姿をどう変えるのか。「命」への責任を誰が負うのか、見えなくならないのだろうか。(渡辺…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ