メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

スイス

関連キーワード

  • スイスの金持ち優遇税制(2012年02月07日 朝刊)

    年収が原則200万スイスフラン(1億6千万円)以上の外国人を対象に、各州が所得税と資産税を低く計算するもので「納税取引」と呼ばれる。働かず、1年のうち半年以上その州に住めば、母国での収入や資産には課税しない。代わりに、スイスの住居を賃貸した場合の「家賃の5倍」をその人の資産総額とみなし、その分の税を払う。母国で所得税などを払うより9割以上の節税になるとされる。

  • スイスの金融産業(2012年10月30日 朝刊)

    国内総生産(GDP)の10.6%(2011年)を占める。ジュネーブやチューリヒの金融街には、富裕層向けのプライベートバンクが軒を連ねる。現金自動出入喫ATM)やキャッシュカードはなく、顧客から預かった資産を運用し、増やすことが主な業務だ。口座を開く際に求められる資金は最低でも100万スイスフラン(約8500万円)が相場とされる。

  • ローマクラブ(2015年09月06日 朝刊)

    スイスに本部を置く民間のシンクタンク。1972年に地球の持続可能性に警鐘を鳴らした「成長の限界」を出したことで知られる。正会員の任期は5年で、現在の会員は小宮山宏・元東京大学総長ら約100人。

最新ニュース

写真・図版

IOC会長「札幌と対話できる」 2030冬季五輪招致(2019/6/27)

 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は26日、総会を開いていたスイスのローザンヌで記者会見し、2030年冬季五輪招致をめざす札幌市と話し合いを始める意向を示した。大会の7年前を原則としてきた…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ