メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ストーカー規制法

関連キーワード

  • ストーカー規制法(2014年08月05日 夕刊)

    1999年に埼玉県桶川市で女子大学生が殺された事件をきっかけに2000年、施行された。恋愛や好意の感情に絡んだ待ち伏せや面会要求、著しく乱暴な言動などを「つきまとい等」と規定し、繰り返したり、禁止命令に違反したりした場合に罰則がある。長崎県西海市で11年、ストーカー被害を訴えた女性の実家の母と祖母が男に刺殺された事件などを教訓に、13年に初の改正法が施行され、メールを繰り返し送る行為が新たに「つきまとい等」として禁止された。

  • ストーカー行為(2013年12月15日 朝刊)

    ストーカー規制法は、恋愛感情が満たされなかった恨みなどからくる、つきまといや待ち伏せ、家への押しかけ、面会の要求、連続した電話やファクスなどを禁止。同じ人にこうした行為を繰り返すことを「ストーカー行為」と定める。県警によると、被害者の車や自転車、建物などを傷つけるなどして気を引こうとするケースも目立つという。

  • ストーカー被害(2015年10月25日 朝刊)

    警察が昨年1年間に把握した件数は2万2823件で、ストーカー規制法が施行された2000年に統計を取り始めてから最も多かった。3年連続の増加。被害者の89.3%が女性。年齢別では20〜30代が62.4%を占めた。加害者は85.8%が男性。30〜40代が45.4%。警察が加害者を摘発した事件は2473件。

最新ニュース

写真・図版

中島裕翔さんをストーカーした疑い 女を現行犯逮捕(2019/8/23)

 アイドルグループ「Hey!Say!JUMP」のメンバー中島裕翔(ゆうと)さんに付きまとったとして、警視庁が20代の会社員の女=東京都品川区=をストーカー規制法違反の疑いで現行犯逮捕していたことが、同…[続きを読む]

ストーカー規制法をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ