メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ダウ工業株

関連キーワード

  • ダウ工業株平均(2017年01月26日 夕刊)

    米株式市場を代表する株価指数で、金融大手ゴールドマン・サックスや小売り最大手ウォルマート・ストアーズ、航空機大手ボーイング、石油大手エクソンモービルなど、米国の優良企業30社の株価をもとに算出される。構成する銘柄は、株式市場全体の動きをできるだけ反映するように入れ替えも不定期で実施される。2015年3月からはアップルが採用された。指数の公表が始まった1896年に採用され、現在も残るのはゼネラル・エレクトリック(GE)だけになった。

  • ダウ工業株平均(2018年06月21日 朝刊)

    米国の主な業種を代表する30社で構成する株価指数。ハイテク銘柄が多い「ナスダック総合指数」、大企業を幅広く網羅する「S&P500」と並び、米国の代表的な株価指標となっている。「工業株」という名がついているが、構成銘柄は製造業に限らず、時代に合わせて随時見直されてきた。

  • ゼネラル・エレクトリック(2015年07月19日 朝刊)

    1892年、発明家トーマス・エジソンの照明会社などをもとに創業。航空機エンジンや医療機器など幅広いビジネスを世界100カ国以上で展開する。近年は金融や放送・メディアなどにも多角化したが、いずれも売却ずみか縮小方針。創業事業の家電部門も昨秋、売却を決めた。経営用語「選択と集中」は、ジャック・ウェルチ元CEOが強い事業だけに特化させた経営戦略を示す言葉で、GEの代名詞にもなった。1896年に始まった世界的な株価指数のダウ工業株平均で、いまの算出に使われる30銘柄に唯一残っている。本社はコネティカット州。

最新ニュース

写真・図版

バイデン新政権、日米好感 巨額財政出動に期待 ダウ最高値、東証も高値更新(2021/1/22)会員記事

 バイデン新政権誕生は日米経済にどんな影響を及ぼすか。就任直後の日米の株価はともに上がり、市場から好感された。巨額財政出動に期待が高まる一方で、金利の変動や環境規制の強化など波乱要因もある。▼1面参照…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ