メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

デフリンピック

関連キーワード

  • デフリンピック(2019年02月15日 朝刊)

    聴覚障害者の総合スポーツ競技大会。ランプでスタートの合図をするなど視覚的に工夫されている。パラリンピックは障害者スポーツの最高峰とされるが、身体障害者が中心で聴覚障害者の競技はない。開催はパラリンピックと同じ4年に1度。日本財団の調査では、パラリンピックは9割超が知っていたが、デフリンピックは1割にとどまった。

  • デフリンピック(2017年07月16日 朝刊)

    4年に1度の聴覚障害者のスポーツの国際大会。「Deaf(デフ)」は英語で聴覚障害者や耳が聞こえないことを意味する。パラリンピックには聴覚に障害がある選手の競技種目はない。7月18日に開幕するトルコ・サムスン大会は23回目の夏季大会。日本は選手・スタッフ計177人が参加し、11競技に出場する。公平性を守るため、競技会場では補聴器など聞き取りの補助をする器具は外さなければならない。

  • デフリンピック(2017年07月16日 朝刊)

    4年に1度の聴覚障害者のスポーツの国際大会。「Deaf(デフ)」は英語で聴覚障害者や耳が聞こえないことを意味する。パラリンピックには聴覚に障害がある選手の競技種目はない。7月18日に開幕するトルコ・サムスン大会は23回目の夏季大会。日本は選手・スタッフ計177人が参加し、11競技に出場する。公平性を守るため、競技会場では補聴器など聞き取りの補助をする器具は外さなければならない。

最新ニュース

写真・図版

(平成とスポーツ)パラスポーツ 障害への意識、確実に変わった(2019/3/30)有料会員限定記事

 平成を代表するパラアスリート土田和歌子(44)には、忘れられない光景がある。夏冬計7回出場し、三つの金メダルを獲得したパラリンピックではない。2000年9月に出場したシドニー五輪での出来事だ。 埋め…[続きを読む]

デフリンピックをコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ