メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

デンマーク

関連キーワード

  • デンマークの社会福祉(2013年01月31日 朝刊)

    農業国として早くから農業協同組合が設立されるなど、支え合いを大切にする土壌がある国で、国民所得に対する税と社会保険料の負担割合「国民負担率」は7割。経済協力開発機構(OECD)諸国の中で最高水準(日本は4割)だ。消費税率は25%。障害で働けなくても、一般市民と同じような生活水準が保てる障害者年金が支給される。医療や大学までの教育は原則無料。社会福祉の理念「ノーマライゼーション」の発祥の国でもある。「障害のある人も普通の住居で普通の暮らしをする権利があり、社会がそのための環境を整えなければいけない」という思想で、知的障害者行政に携わった行政官、バンクミケルセン(1919〜1990)が提唱。59年、法律に盛り込まれた。

  • ポスト京都交渉(2008年10月11日 朝刊)

    京都議定書の第1約束期間(08〜12年)に続く次期枠組み交渉は、昨年末のCOP13で始まり、09年末にデンマークで開かれるCOP15で結論を得ることになっている。交渉の場には、全体会合であるCOPと、(1)条約に基づく「長期的協力のための作業部会」(2)議定書に基づく「先進国のさらなる削減のための作業部会」の2部会がある。議定書に参加していない米国や現在は削減義務がない中国、インドなどの主要途上国を含めた枠組みは(1)で話し合われ、COP14に合わせて4回目が開かれる。

  • 市民の司法参加(2008年12月07日 朝刊)

    英国・米国は、陪審員だけで評議し、有罪・無罪を決める陪審制を採用している。ドイツ、フランス、イタリアなどは裁判官と市民が協働して有罪・無罪と量刑も決める参審制。日本の裁判員制度は重大事件に限って裁判官3人と市民6人が評議し、量刑まで決める。デンマークも同じだ。

最新ニュース

モンスター・ラボ、総額約24億円の資金調達を実施(2019/2/21)

リリース発行企業:株式会社モンスター・ラボグローバルソーシング事業(世界中の IT エンジニア・クリエイターを活用し、デジタルプロダクトの 企画・開発・運用)を行う株式会社モンスター・ラボ(本社:東京…[続きを読む]

デンマークをコトバンクで調べる

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】旅先でもシワのない服を着たい

    臭いやアレルギー物質も抑制

  • 写真

    【&TRAVEL】激揺れバスでヒマラヤ登山口

    再び「12万円で世界を歩く」

  • 写真

    【&M】居心地のいい室内に足まわり

    やっぱりオフロードが似合う

  • 写真

    【&w】アート作品? 陳列されたパン

    このパンがすごい!

  • 写真

    好書好日ほっこりと心温まるBL作品

    マスター3人が選ぶ珠玉の1冊

  • 写真

    WEBRONZA遺失物から見える社会の変化

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン2シーターを楽しむジャガー

    2台目に欲しいスポーツカー

  • 写真

    T JAPANカカオの森を救え!

    ショコラティエが挑んだ5年間

  • 写真

    GLOBE+ロボットにピリピリ

    なぜつらく当たってしまうのか

  • 写真

    sippo猫4匹いても、スッキリ生活

    猫毛と上手に付き合う方法

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ