メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月12日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トヨタ自動車

トヨタ、変革の時

 世界販売1千万台を超える、自動車業界の盟主トヨタ。「100年に1度」といわれる変革期にどう挑むのか。その動きを、つぶさにお伝えします。

写真・図版

トヨタが初めてまとめた「バイブル」 社長が見せた怒り有料会員記事 (2020/2/3)

「強い危機感を共有し、もう一度、トヨタの強みを取り戻さなくてはいけません」 トヨタ自動車はこの夏、初めて社員手帳を作った。その冒頭の一文だ。 仕事の日程を書きこむ手帳ではない。企業理念と社員の行動のよりどころであるとする「豊田(とよだ)綱…[続きを読む]

写真・図版

「トヨタは、大変なことに」 副社長が手帳に込めた思い有料会員記事 (2020/2/3)

自動車業界は100年に1度の変革期といわれる。この変革の時代をトヨタはどう乗りきるのか。同社の河合満副社長が、昨年夏に社員向けに配布した「社員手帳」に込めた思いなどについて語った。 「トヨタには過去にも何度か危機がありましたが、これらは車…[続きを読む]

写真・図版

トヨタのおひざ元で半世紀、30分に1台売れ続ける車有料会員記事 (2019/12/11)

世界で年間に1千万台を超える車を販売するトヨタ自動車。そのうち約3割は商用車部門である「CV(コマーシャルビークル)カンパニー」がつくる車が占めている。収益はトヨタ全体の3割を超え、経営の屋台骨になっている。 日本国内でよく見かけるトヨタ…[続きを読む]

写真・図版

マツダのレース出場のトヨタ社長、前を走るマツダ車に…有料会員記事 (2019/11/25)

9月7日、マツダが筑波サーキット(茨城県下妻市)で開いた第30回ロードスター4時間耐久レース。そこに、トヨタ自動車の豊田章男社長の姿があった。マツダのロードスターを運転してレースに出場した。 「車好きのドライバーに販売した車種で、30年間…[続きを読む]

写真・図版

トヨタ社長の直轄、異例の4人がEV巻き返しへ結集有料会員記事 (2019/11/11)

トヨタ自動車が、電気自動車(EV)の開発を担う組織「EV事業企画室」を設けたのは、2016年12月のことだった。 豊田章男社長直轄でメンバーは4人。室長には豊島浩二氏が就いた。前年12月発売のハイブリッド車(HV)、4代目プリウスの開発責…[続きを読む]

写真・図版

トヨタとSBが作る「日本連合」 競合も異業種も合流有料会員記事 (2019/8/20)

愛知県豊田市の山あいの小原地区。7月下旬の午前、「おばら桜バス」のマークのついた白い乗用車の後部座席に、中山喜久代さん(82)が乗り込んだ。 桜バスは決まった時間やルートがなく、利用者の求めに応じて運行するオンデマンドバス。中山さんは自宅…[続きを読む]

トヨタのいまを知る10のトピック

豊田章男社長の10年

■おすすめ記事

■最新ニュース

■動画特集

トヨタ自動車の企業内訓練校、トヨタ工業学園の卒業式

キャプション※回線状況などにより正常に表示されない場合があります。

空飛ぶクルマ、実験機がふわり トヨタ、若手技術者支援

キャプション※回線状況などにより正常に表示されない場合があります。

会社概要

社名 トヨタ自動車(株) (TOYOTA MOTOR CORPORATION)
本社 〒471-8571 愛知県豊田市トヨタ町1
電話番号 0565−28−2121
設立 1937年8月28日
代表者(社長) 豊田 章男
事業構成・セグメント 【連結事業】自動車90(8)、金融7(13)、他3(6)(2020.3)
連結従業員数 359,542人(20年3月)
単独従業員数
平均年齢
平均年収

財務情報

コード 7203
株式名 トヨタ
市場 「東京,名古屋」,NY,LON
業種 輸送用機器
決算期 3月末
売上高 29,929,992百万円
営業利益 2,442,869百万円
経常利益 2,554,607百万円
当期利益 2,076,183百万円
  • 会社概要に記載されている情報は、東洋経済新報社『会社四季報』最新号(3・6・9・12月中旬発売)に掲載されている内容に準じます。
  • 財務情報の内容は原則として2020年4月1日時点での情報ですが、最新の情報に更新されている場合もあります。
  • 本サービスに含まれる情報(以下「情報」といいます。)のうち著作権等の権利性を有するもの、本サービスを表示する画面に係わる著作権、ならびに、本サービスに使用される商 号および商標は、朝日新聞社、東洋経済新報社、または当該情報の提供元(以下「情報源」といいます。)に帰属します。
  • 本情報サービスの内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではなく、情報によって生じたいかなる損害についても、朝日新聞社、東洋経済新報社および情 報源は一切責任を負いません。
  • 情報の正確性、及び信頼性を確認することは、朝日新聞社、 東洋経済新報社および情報源の債務には含まれておりません。
  • 掲載される内容は参考情報であり、投資等の勧誘を目的にしたものではありません。最終判断は利用者ご自身でお願いいたします。

朝日新聞デジタル×会社四季報オンライン

左のバナーを押すと、会社四季報オンラインのページが別ウインドウで開きます

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ