メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ナガサキノート

 「ナガサキノート」は、朝日新聞長崎県内版で2008年8月に始まり、2017年1月に連載3000回を超えました。被爆者一人ひとりの人生を、1日に400字ほどの小さな記事で数回から十数回積み重ねて描きます。毎日休むことなく載せ、今も載らない日はありません。このページでは主に、シリーズごとにまとめたロングバージョンの記事を掲載しています。

ナガサキノート あの日、人々の足取り

最新のバックナンバー

写真・図版

(ナガサキノート)ピカッと光る…父の忠告で助かった命(2019/2/14)有料記事

■木村透さん(1938年生まれ) 1945年8月。当時7歳だった少年は、長崎市桜馬場町の自宅で絵日記にナスの絵を描いていた時、父親に話しかけられた。 「おい、透。広島にこんな爆弾が落ちたんだ。ドカンと…[続きを読む]

3千回特集・記念シンポ

総集編・関係記事を開く

【動画】柳美里さんと青来有一さんの作家対談(2017/3/1)

 「ナガサキノート」の3千回を記念したシンポジウムが2月19日、長崎市の長崎原爆資料館であった。被爆者が減っていく中、体験を聞いた者が「代弁者」として伝えていくことが大事だと語り合った。…[続きを読む]

【動画】柳美里さんと青来有一さんの作家対談

連載一覧

連載一覧(2013年10月以降)

関連キーワード

  • ナガサキノート(2018年08月11日 朝刊)

    被爆者の声を書き留め、次世代に伝えようと、2008年の「長崎原爆の日」の翌日から朝日新聞長崎版で連載を始めた。6月に通算3500回を超えた。

  • ナガサキノート(2015年07月13日 夕刊)

    2008年8月10日から朝日新聞長崎県内版に毎日掲載されている連載記事。これまで180余のシリーズで計約2400回を掲載している。一部は「ナガサキノート若手記者が聞く被爆者の物語」「祈りナガサキノート2」(いずれも朝日文庫)として出版。デジタル版でも一部を読むことができる。

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】吸引機能がついた賢いゴミ箱

    センサーでゴミを検知して吸引

  • 写真

    【&TRAVEL】平安貴族が夢見た春の景色

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】村本大輔の空気読まぬ生き方

    「今の芸人は空気そのもの」

  • 写真

    【&w】古民家カフェで美味ケーキ

    鎌倉から、ものがたり。

  • 写真

    好書好日池上彰さん、広島の高校へ

    「君たちはどう生きるか」語る

  • 写真

    WEBRONZAエスタブリッシュメント

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンビジネスマンの冬の装い

    冬こそできる着こなしの工夫

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語 第36回

  • 写真

    GLOBE+リスボンで缶詰メシを食べる

    記者メシ連載「一食一会」

  • 写真

    sippo夫にすり寄るのは猫だけ?

    猫2匹と家族4人の微妙な関係

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ