メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

温暖化対策「パリ協定」

 《パリ協定》 2020年からの温暖化対策の国際ルール。2015年12月の国連気候変動会議(COP21)で採択された。産業革命前からの気温上昇を2度未満に抑えるため、今世紀後半に世界全体で排出を実質ゼロにすることをうたう。京都議定書では先進国のみが温室効果ガスの排出削減義務を負ったが、全ての国が削減に加わる。発効には、世界の排出量の55%以上を占める55カ国以上の締結が必要。(2016年8月29日配信記事から)

最新ニュース

昨夏の猛暑、温暖化なければ発生せず? 気象庁など分析(2019/5/22)有料記事

 昨夏の記録的な猛暑は、地球温暖化がなければ起こっていなかったとする研究結果を、気象庁気象研究所などのチームが22日、発表した。温暖化で地球全体の平均気温があと1度上がると、35度以上となる猛暑日の国…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ