メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

混迷深めるガザ情勢

関連キーワード

  • パレスチナ自治区ガザ(2017年10月16日 朝刊)

    東京23区の約6割にあたる細長い土地(365平方キロメートル)にパレスチナ難民ら約200万人が住む。イスラム組織ハマスは2006年のパレスチナ自治区の自治評議会選挙でファタハを破った後、07年にガザを武力制圧。自治区はハマスが実効支配するガザと、ファタハ主体の自治政府が統治するヨルダン川西岸に分裂した。ハマスは08年以降、イスラエル軍と大規模な戦闘を3度繰り返し、14年夏にはガザの市民ら2千人超が死亡した。イスラエルによる境界封鎖で、人や物資の移動が著しく制限されており、失業率は4割超(若年層は6割)と世界最悪レベルだ。

  • パレスチナ自治区ガザ(2011年05月29日 朝刊)

    東西10キロ、南北40キロ程度の土地に約150万人が暮らす。イスラエルによる境界封鎖などで産業が破壊され失業率は37%(2010年下半期)に達している。07年からイスラム組織ハマスが実効支配。別の組織ファタハが拠点とするヨルダン川西岸とでパレスチナは分断状態になった。今月に入りハマスとファタハが和解に合意、統一政権発足に向けた協議が進んでいる。

  • イスラエルのガザ封鎖(2010年06月06日 朝刊)

    イスラエル政府は、イスラム組織ハマスが2007年6月にパレスチナ自治区ガザを武力制圧して以来、ガザへの人や物の出入りを厳しく制限。海域も事実上封鎖しており、08年12月には外国船のガザ入港を禁止した。150万人の人口を抱えるガザでは燃料や建築資材などが不足。エジプトとの間にトンネルを掘って、密輸でしのいでいる。

最新ニュース

写真・図版

貧しさも今は愛おしい 消された日常、軍は誤爆と言った(2020/2/15)有料会員記事

 こんな悲劇は2014年の戦闘以来だ。現地ではそう言われている。 パレスチナ自治区のガザ地区デイルバラ。昨年11月、イスラエル軍による空爆があった。民家が爆撃され、子ども5人を含む一家9人が死亡した。…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】本上まなみの暮らしと子育て

    様々な選択肢を自由にチョイス

  • 写真

    【&TRAVEL】丹波篠山城が堅牢なわけ

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&TRAVEL】旅で出合った忘れられない味

    料理家・コウケンテツさん

  • 写真

    【&M】桑田佳祐、岡村靖幸、秦基博

    突出した表現者が歌う「愛」

  • 写真

    【&w】ジャガイモの海藻チヂミ

    パリの外国ごはん レシピ

  • 写真

    好書好日熱くほとばしる童貞的妄想!

    注目マンガ「だぶるぷれい」

  • 写真

    論座「三方悪し」の扶養照会

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンロレックスが環境を守るため

    日本の里の素晴らしさを再認識

  • 写真

    Aging Gracefully鈴木保奈美さん初のエッセー

    代わりに伝える言いにくいこと

  • 写真

    GLOBE+大統領が替わると起こること

    国防政策は?人事は?

  • 写真

    sippo動きがゆっくりすぎた大型犬

    おかげで先住猫と距離が近づく

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ