メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

パレスチナ

関連キーワード

  • パレスチナの分裂(2011年04月29日 朝刊)

    2006年1月の自治評議会(国会に相当)選挙で過半数を獲得したハマスが単独政権を発足させた。欧米諸国は、ハマスに武装闘争を放棄するよう迫ったが、ハマスは拒否した。イスラエルによる経済制裁などで財政難に陥ったハマス政権は、サウジアラビアの仲介で07年3月、アッバス自治政府議長率いるファタハと連立内閣を発足させたが、治安権限などを巡って衝突。ハマスは同6月、ガザを武力制圧した。以来、ハマスはガザを、ファタハはヨルダン川西岸を分割支配する状態が続いている。

  • パレスチナ和平交渉(2014年04月30日 朝刊)

    イスラエルが1967年の第3次中東戦争で占領したガザとヨルダン川西岸の両地区内にパレスチナ国家を樹立し、イスラエルと共存させる交渉。93年のオスロ合意を受け、パレスチナの暫定自治が始まった。イスラエルが占領地から撤退するかわりに、アラブ諸国がイスラエルを受け入れることをめざす。国境画定や聖地エルサレムの帰属、パレスチナ難民の処遇が主な争点。

  • パレスチナ自治区ガザ(2011年05月29日 朝刊)

    東西10キロ、南北40キロ程度の土地に約150万人が暮らす。イスラエルによる境界封鎖などで産業が破壊され失業率は37%(2010年下半期)に達している。07年からイスラム組織ハマスが実効支配。別の組織ファタハが拠点とするヨルダン川西岸とでパレスチナは分断状態になった。今月に入りハマスとファタハが和解に合意、統一政権発足に向けた協議が進んでいる。

最新ニュース

写真・図版

私の建築は、日本の寺社 90歳、フランク・ゲーリーが語る(2019/4/23)有料記事

 「ビルバオ・グッゲンハイム美術館」などで知られるカナダ出身の世界的建築家フランク・ゲーリーが90歳を迎えた。2月下旬の誕生日に合わせて訪問したドイツで、音楽に対する思い入れや日本とのかかわり、建築の…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】シド・ミード展にご招待

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    【&TRAVEL】シアトルからロサンゼルスへ

    再び「12万円で世界を歩く」

  • 写真

    【&M】ユーモアがテーマの作品展

    遊び心の本質を問い直す

  • 写真

    【&w】高山都さんの新しい習慣

    4月特集「出会いと別れ」

  • 写真

    好書好日横尾忠則さんの華麗なる交流

    芥川賞作家2人とアトリエ鼎談

  • 写真

    論座上野千鶴子祝辞に反発する人

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンパフォーマンスに差がつく

    快適かつ上質な空の旅

  • 写真

    T JAPANクリムトが巨匠である理由

    2つの展覧会が開催

  • 写真

    GLOBE+中国一美しい本屋

    変わる書店、最前線

  • 写真

    sippo猫は名前を聞き分けられる

    上智大チームが検証

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ