メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

パーキンソン病

関連キーワード

  • パーキンソン病(2019年05月31日 朝刊)

    脳内のドーパミンと呼ばれる神経伝達物質が減少し、筋肉のこわばりが生じたり、動作が遅くなったりする国指定の難病。厚生労働省によると、国内では医療費助成を受けている患者だけで約12万7500人(昨年3月末時点)いる。

  • パーキンソン病(2015年05月16日 朝刊)

    手足のふるえや筋肉のこわばりが進み、体が動かせなくなる難病。国内に患者は約15万人いるとされる。神経の中で情報を伝えるドーパミンを作る神経細胞が、脳の中央部の組織で減ることで起こる。神経細胞の減少を止める根本的な治療法はない。

  • 若年性パーキンソン病(2010年03月23日 朝刊)

    体の運動を円滑にする「ドーパミン」という神経伝達物質を作る脳内細胞が減ってしまう病気。40歳前後までの発病を言う。原因不明。手足が震えたり、筋肉が固まったようになったりするなどの症状が出る。若年性の場合、薬が効いている時と効いていない時がはっきりしている。薬が効いていない時の姿が理解されにくいのが患者の悩みだという。

最新ニュース

写真・図版

(惜別)高島忠夫さん 俳優・テレビ司会者(2019/8/3)有料記事

 ■多才、荒波くぐってなお明るく 6月26日死去(老衰) 本名・高嶋忠夫 88歳 俳優、司会者、歌手、映画解説者……。軽妙洒脱(しゃだつ)な語り口、色とりどりの才能は、たえずお茶の間をひきつけた。 兵…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ