メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ヒップホップ

関連キーワード

  • ヒップホップ(2018年05月28日 朝刊)

    1970年代、米国の黒人(アフリカ系)やヒスパニック(ラテンアメリカ系)の若者たちから生まれたとされる音楽やダンスなどの文化を指す。音楽はラップともいい、リズミカルに韻を踏んで歌う。下品な言葉遣いや反体制的な内容を含むこともある。

  • ヒップホップ(2008年12月27日 夕刊)

    60〜70年代の米国の大都市で、プエルトリコ系やアフリカ系移民の貧困層が生み出した音楽やダンスなどのポップ文化の総称。空き地で開いたパーティーで「お尻(ヒップ)が跳びはねる(ホップ)ように」踊った様子から、名付けられた、という説が有力だ。

  • ハーレム(2008年07月16日 朝刊)

    マンハッタン北部の商業・住宅地域。17世紀にオランダ人移民が居住し始め、地名もオランダの町の名に由来する。後に英国人移民が支配し、19世紀初めは高級住宅街だったが、地価の下落に伴い、20世紀初めから米南部などのアフリカ系(黒人)が流入。やがて貧困と犯罪のスラム街と化した。公民権運動の拠点になったほか、ジャズ、ヒップホップなどのスターが多く輩出。ジェームズ・ボールドウィンら文学の巨匠も生んだ。中心街の「125丁目通り」はハーレムで最初に黒人の居住が始まった街路とされ、複数の地下鉄線の駅がある交通の要地。

最新ニュース

音楽家マヒトゥ・ザ・ピーポーの目の凝らし方、耳の澄まし方 壊れゆく世界で一番優しい響きは「反抗」だと思う(2019/6/15)

お話を聞いた⼈マヒトゥ・ザ・ピーポー1989年生まれ。2009年に大阪で結成されたバンドGEZANのフロントマンとして音楽活動を開始。14年、青葉市子とのユニットNUUAMMを結成。また同年から完全手…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ