メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

フィンランド

関連キーワード

  • フィンランドの子育て支援(2019年11月01日 朝刊)

    母親休業は出産するほぼ全ての女性が取得し、父親休業は3週間以上の取得には、母親が職場復帰などで家にいないことが条件になっている。両親休業は約半年(約26週間)。休業中は9〜7割の給与が保障される。ネウボラは「アドバイスの場」という意味で、妊娠期から子どもが小学生になる7歳未満までの間、保健師の資格を持った同じスタッフが健康や育児などにアドバイスする。子育て世帯の99.5%が利用。

  • 特許審査ハイウェイ(PPH)(2009年06月12日 朝刊)

    ある国で特許可能と判断された発明を、別の国で出願する際に、早期に審査が受けられるようにする制度。企業や個人の発明を速やかに権利化し、各国の特許当局の審査負担も軽くできる。日米間では06年から試行が始まり、08年に本格導入。日本は米、韓、英、独、ロシア、デンマーク、フィンランド、オーストリアの計8カ国と結んでいる。

  • 精神障害者の長期入院(2009年08月26日 朝刊)

    欧米諸国は80年代半ばから精神障害者が地域で暮らせる環境づくりに力を注ぎ、精神科のベッド数を減らしている。人口千人あたりのベッド数は00年時点でイタリア0・2、米国0・3。これに対して日本は2・8。フィンランドは80年代に2年以上の長期入院患者の半減を目指し、治療プログラムの改善や、障害の程度に応じた受け入れ施設を整備した。厚労省は04年に、35万5千ある精神科ベッドを14年までに7万減らす目標を定めたが、認知症の入院患者も増えたため、07年で35万1千とほとんど変わっていない。

最新ニュース

写真・図版

【詳報】ウクライナ侵攻36、8月12日~17日(日本時間)の動き(2022/8/18)

 グテーレス国連事務総長が18日にウクライナ西部リビウを訪問し、ロシアによる黒海封鎖で滞っていたウクライナからの穀物輸出をめぐる状況や、ロシアが占領しているザポリージャ原発の現状などをゼレンスキー大統…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】送り火見物に自然派たこ焼き

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&w】ココナツ香るゴーヤ炒め

    料理家冷水希三子の何食べたい

  • 写真

    【&Travel】エコラベル宿で自然と一つに

    楽しいひとり温泉 長野・松本

  • 写真

    【&M】これぞ老舗の貫禄のカレー!

    口福のカレー

  • 写真

    【&w】見て見ぬふりの問題を改めて

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日ミュージアムグッズの魅力は

    大澤夏美が「チカラ」2を刊行

  • 写真

    論座山口二郎・神津里季生対談上

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン爽やかな風が体を通り抜ける

    シテラのジャケット

  • 写真

    Aging Gracefully大人の女性必見のアイテム

    いつまでも美しく健やかに

  • 写真

    GLOBE+兵器や軍需物資輸出が最高

    韓国の防衛産業はなぜ好調か

  • 写真

    sippo野犬2匹預かりボランティア

    同じ環境下でも真逆の性格

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ