メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月09日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

フェイクニュース

関連キーワード

  • ポスト・トゥルース(脱真実)(2017年07月13日 朝刊)

    世界最大の英語辞典であるオックスフォード英語辞典が2016年を象徴する言葉として選んだ。「脱真実」の意味合いで、真実や事実よりも個人の感情や信念が重視される政治文化の風潮を意味する。同年6月に行われた欧州連合(EU)からの離脱の可否をめぐる英国の国民投票やトランプ氏の登場した米大統領選(投開票は昨年11月)の報道などで多用されたことから選ばれた。同辞典は「情報源としてのソーシャルメディアの台頭と、エスタブリッシュメント(既得権層)が示す事実への不信の増大がこの概念の土台」と分析している。これに関連して、「フェイクニュース(偽ニュース)」「オルタナティブ・ファクト(もう一つの事実)」、これらの信憑(しんぴょう)性を評価するメディアの「ファクト・チェック(事実の確認)」もよく使われる。「フェイクニュース」は虚偽や虚実ないまぜになった発言、発信のことを言う。「オルタナティブ・ファクト」は、うそやあいまいな事柄も繰り返して言及することで、事実に基づいていなくても、もう一つの事実になりかねない時代を示す言葉。これに対して、欧米の既存メディアが取り組んだのが、「ファクト・チェック」だ。

最新ニュース

写真・図版

ネット政治広告、規制は 米大統領選で「詐欺的行為」も(2020/7/3)会員記事

 英国の欧州連合(EU)離脱や米大統領選の結果に大きな影響を与えたとされるネット上の政治広告。日本でも、憲法改正の手続きを定める国民投票法改正が議論される中で、こうしたネット広告の規制についての議論が…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ