メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月08日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

フッ素化合物

関連キーワード

  • PFOS(ピーフォス)とPFOA(ピーフォア)(2018年11月25日 朝刊)

    炭素とフッ素が結合した「有機フッ素化合物」に分類される化学物質で、泡消火剤や界面活性剤などに使われてきた。自然には分解されず生物に蓄積されることから、1990年代末ごろから健康や生態系への悪影響が指摘され、発がん性も疑われている。残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約で2009年に製造や使用、輸出入が制限されるなど、世界的に規制が強化されている。

  • PFOSとPFOA(2020年01月06日 朝刊)

    ペルフルオロオクタンスルホン酸とペルフルオロオクタン酸。両物質に代表される有機フッ素化合物は自然界でほぼ分解されず、人体や環境中に長く残るため「フォーエバー・ケミカル(永遠の化学物質)」と呼ばれる。国連のストックホルム条約会議で製造・使用が原則禁止されている。日本でもPFOSは2010年に法律で製造・使用が原則禁止された。PFOAは今春規制される見通し。健康影響では、血液中の総コレステロール値を増やすほか、PFOAでは米ウェストバージニア州などで1リットルあたり数千ナノグラムなど極めて高い濃度の水を飲んでいた住民について、がんなどと関連する可能性が科学者グループから指摘された。

  • PFOS(2021年01月31日 朝刊)

    ペルフルオロオクタンスルホン酸。有機フッ素化合物の一つで、似た構造のPFOA(ペルフルオロオクタン酸)とともに、残留性のある有害物質を規制する国連のストックホルム条約会議で製造・使用が制限されている。PFOAは米国での健康調査から、精巣がんや腎臓がんなどのリスクを高める可能性が指摘された。PFOSは動物実験で健康影響が認められたとの報告があるが、人体への健康被害に関し十分な医学的知見はない。流出したPFOSが地下水などに流れ込み、飲み水などを通じて健康に影響するリスクもあるため、米国や日本、欧州の一部の国などが飲み水の目標値を定めるなど規制している。

最新ニュース

国民の黙認が沖縄に基地負担を強いている(2021/4/27)

 4月12日は米軍普天間飛行場の全面返還に日米が合意してから25年目の節目の日であった。「5ないし7年以内に返還する」と当時の橋本龍太郎首相とモンデール駐日米国大使が発表してから、なんと四半世紀もの時…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】次世代を担う子どもたちへ

    「デザイン的思考」の大切さ

  • 写真

    【&M】訓練と体調管理の重要性

    講談師・神田伯山<PR>

  • 写真

    【&TRAVEL】ウナギの「日田まぶし」堪能

    大分県日田市への旅

  • 写真

    【&M】食通シェフが感動した肉料理

    グルメ垂涎の3品

  • 写真

    【&w】初夏のメイク、トレンドは?

    薄塗り軽やか、素肌感

  • 写真

    好書好日山尾悠子の幻想文学に感嘆

    朝宮運河さんが魅力を解説

  • 写真

    論座「ソンダー」で差別をなくす

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン自己肯定感を高める美容

    自信がみなぎるボディーケア

  • 写真

    Aging Gracefully家でもおしゃれな着こなしを

    気分があげる春ファッション

  • 写真

    GLOBE+K-POPの源流をたどる

    世界を席巻 現在に至るまで

  • 写真

    sippo保護して4年、近づくと威嚇

    でも拒絶ではないと気づいてた

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ