メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ブラジル

関連キーワード

  • ブラジルの大敗(2014年08月26日 夕刊)

    7月8日にブラジル・ベロオリゾンテで行われたW杯準決勝のドイツ戦で、ブラジルが1—7の歴史的大敗を喫した。エースのFWネイマールと主将のDFチアゴシウバを欠いたブラジルは、前半11分に先取点を許すと、同23分〜29分の6分間に4点を奪われた。後半にも2失点。全20回に出場してきたW杯で最多となる7失点を喫した。競技場名がミネイランだったことから、地元では「ミネイランの恥」などと報じられた。

  • 日系ブラジル人労働者(2009年06月21日 朝刊)

    90年の入管法改正で、移民の子孫の日系2、3世とその家族が、就労の制限なく日本に滞在できるようになり急増した。07年末で31万7千人のブラジル人が外国人登録。共立総合研究所の試算では、東海3県のブラジル人の消費が05年に生み出した粗付加価値額は1365億円で、3県の域内総生産の0.28%に相当した。

  • 在日ブラジル(2009年06月23日 朝刊)

    90年の改正入管法で、南米に渡った移民の子孫である日系ブラジル人の就労のための入国が緩和され、製造業の労働者として来日が増加。法務省の統計では、ブラジル人の外国人登録者数は98年に約22万人だったが、07年に約31万人まで増えた。大阪府によると、07年12月末の府内の登録者数は4294人。近畿では滋賀県が1万4379人(08年12月末)と最も多い。ポルトガル語は主にポルトガルとブラジルで話されており、母語とする人は約2億人前後という。

最新ニュース

写真・図版

リオに舞った日の丸の扇子 世界ではじけた「金」の笑顔(2019/3/18)有料会員限定記事

 1964年の前回東京五輪から半世紀にわたり、夏季五輪の開催地に足を運び、「オリンピックおじさん」として知られた山田直稔(なおとし)さんが9日、心不全のため死去した。92歳だった。最後の現地観戦となっ…[続きを読む]

ブラジルをコトバンクで調べる

PR情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】ファッションはどこへ向かう

    モデル・冨永愛×高橋牧子記者

  • 写真

    【&TRAVEL】退蔵院と高台寺のしだれ桜

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】バンドスローガンは一生青春

    結成10年で決意の扇ポーズ

  • 写真

    【&w】ワインの「肴」になるパン

    このパンがすごい!

  • 写真

    好書好日滝沢カレンの物語の一歩先へ

    魯迅「阿Q正伝」を超解釈

  • 写真

    WEBRONZA虐待死事件と児童相談所改革

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン女優・映画監督 小川紗良

    理想の男性を語る

  • 写真

    T JAPAN自社田で米作りから手がける

    岡山県「丸本酒造」の流儀

  • 写真

    GLOBE+野生ゴリラ、驚きの価格設定

    連載「アフリカを旅する」

  • 写真

    sippo野良犬から生まれた子犬

    大きくなって家族守る存在に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ