メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ブラックボックス

関連キーワード

  • ブラックボックス(2014年07月23日 朝刊)

    飛行速度や高度、パイロットの操縦状況が記録される「フライトデータレコーダー(FDR)」と、操縦室内や地上の管制との会話内容を録音する「コックピットボイスレコーダー(CVR)」からなる。撃墜されたマレーシア航空のボーイング777型機は、機体の後部に搭載していた。ブラックボックスは事故の際、事故前後の操縦室内の会話や飛行機の動きを解析できるため、原因究明の手がかりとして重視されている。

  • AIのブラックボックス(2019年05月06日 朝刊)

    最先端のAIは、脳の神経回路網を模した仕組みを採り入れた「ニューラルネットワーク」と呼ばれる技術、特に「深層学習」という手法を使い、画像や音声の認識の精度が飛躍的に高まった。一方、「思考」の過程は人間には見えにくくなった。

  • 大韓航空機撃墜事件(2013年09月01日 朝刊)

    1983年9月1日午前3時26分(日本時間)ごろ、米ニューヨークからアンカレジを経由して韓国・ソウルに向かう大韓航空007便が旧ソ連領空に侵入し、戦闘機に撃ち落とされてサハリンの西に浮かぶモネロン島沖合に墜落した。乗員29人と日本人28人を含む16カ国・地域の乗客240人が搭乗していた。遺品や遺体の一部などが稚内から知床半島にかけてのオホーツク海沿岸に漂着した。ソ連は「米国のスパイ機だった」と発表。冷戦構造を背景に、民間機撃墜を非難する日米韓と激しく対立した。83年9月、国連緊急安全保障理事会での対ソ非難決議案の採択でソ連は拒否権を行使した。ソ連崩壊後、ロシアは初めて大韓機からブラックボックスを引き揚げていたことを明らかにし、事件から9年が過ぎた92年から93年にかけて国際民間航空機関(ICAO)など関係機関に提僑ICAOは93年、「飛行ミスで領空を侵犯した大韓機を、ソ連機が近くを飛んでいた米軍の偵察機と間違えて撃ち落とした」とする報告書を発表した。

最新ニュース

(取材考記)労使交えた専門委、過去最高の引き上げ見解 最低賃金、紙一枚分で示す「冷たさ」 沢路毅彦(2021/9/16)会員記事

 ずいぶんと冷たいメッセージだな――。7月中旬、最低賃金(最賃)の引き上げ額の目安を示す専門委員会の報告を読んで、昨年と同じ気持ちになった。ただし、対象は違う。昨年は労働者にとって。今年は使用者にとっ…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】現代美術家を虜に!

    NY「2番街」の注目文化施設6選

  • 写真

    【&Travel】密避け楽しむ庭園ライブ

    楽しいひとり温泉 新潟

  • 写真

    【&TRAVEL】モデル・はな、湯河原の旅

    帰り道も思いっきり楽しむ

  • 写真

    【&M】いつまで経っても動けない

    トップクライマー二人の葛藤

  • 写真

    就寝中の髪を守る「YOLU」

    ヘアケアセットを3名様に

  • 写真

    好書好日猫歌人が伝えたい11のこと

    保護猫と暮らす仁尾智が出版

  • 写真

    論座「コロナは収束」麻生発言

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン新たな宿泊のカタチとは?

    空との一体感を味わうホテル

  • 写真

    Aging Gracefully心も体も甘やかすおうち服

    自分をいたわるウエア

  • 写真

    GLOBE+高専生、ハッカソン最優秀賞

    研究の源は楽しいという気持ち

  • 写真

    sippo愛犬の死...悲しみ癒えず

    でも受け入れられるように

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ