メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

プルサーマル

関連キーワード

  • プルサーマル(2013年06月27日 夕刊)

    プルトニウムとウランを混ぜた混合酸化物(MOX)燃料を、ふつうの原発(軽水炉)で使うこと。国は、使用済み核燃料から取り出したプルトニウムを利用する核燃料サイクルの柱と位置づけている。電力各社は当初、10年度までに16〜18基で実施する計画だったが、実際に運転できたのは4基にとどまる。

  • プルサーマル計画(2014年11月03日 朝刊)

    原発で使用した核燃料を再処理して取り出したプルトニウムとウランを混ぜた混合酸化物(MOX)燃料を、原発(軽水炉)で使う計画。国はプルトニウムを再び燃料に使う核燃料サイクルの柱と位置づけている。

  • プルサーマルとMOX燃料(2009年01月01日 朝刊)

    原発では現在、ウランのみでできた燃料を使用。発電のために使い終わったウラン燃料から生じるプルトニウムを、再処理工場と呼ばれるところで取り出し、ウランと混ぜて再び燃料にしたものがMOX(モックス)燃料。ウランの有効利用につながると言われる。MOX燃料を用いて原発で発電するのがプルサーマル計画。プルサーマルとはプルトニウムとサーマルリアクター(軽水炉)という言葉を合わせた和製英語。軽水炉は、核反応が進みすぎないようにする素材(減速材)として水を利用している原子炉のこと。プルサーマルは、フランスやドイツで行われている。

最新ニュース

写真・図版

佐賀)原発マネー充てた唐津市水産会館の直売所が閉店に(2019/5/24)有料会員限定記事

 佐賀県唐津市海岸通の市水産会館の1階にある水産物直売所「からつしーまーと」が25日で閉店する。販売不振のためという。1階は別の飲食スペースも閉鎖中で、テナント不在になる。市が原発マネーを主な財源に、…[続きを読む]

プルサーマルをコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ