メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

プルトニウム

関連キーワード

  • ストロンチウムとプルトニウム(2011年10月01日 朝刊)

    ストロンチウムは放射性セシウムが検出されるところで、低い割合だが一定量見つかるとされている。化学的な性質がカルシウムに似ていて水に溶けやすく、骨にたまりやすい。プルトニウム239は原爆や核燃料の材料にも使われ、半減期が約2万4千年と長い。ただし、食物から体内に取り込んでも消化管から吸収されにくく排泄(はいせつ)されやすいという。

  • 日本のプルトニウム保有量(2014年08月26日 夕刊)

    原子力委の資料によると、日本のプルトニウム保有量は2012年末で計44.241トン。このうち国内が9.295トン(9295キロ)、使用済み燃料の再処理を委託した英仏に保管中の分が34.946トン。非核保有国としては最多で核兵器5千発分を超す。プルトニウムは濃縮作業が必要なウランより核兵器に転用しやすく、核テロや核拡散を懸念する米政府は保有の最小化を求めている。

  • 余剰プルトニウム(2018年06月17日 朝刊)

    原発の使用済み核燃料には資源として利用できるプルトニウムが含まれる。日本はすべての使用済み燃料を再処理し、プルトニウムを活用する核燃料サイクル政策を掲げてきた。だが、実際に燃料として活用できたのはごく一部で、国内外の保有量は高止まりが続いている。政府は「余剰は持たない」とする原則を国際原子力機関(IAEA)などに表明している。

最新ニュース

写真・図版

イラン核合意、骨抜き 来月にも履行停止拡大か(2019/6/27)有料記事

 トランプ米政権との緊張高まる中、イランが来月7日に、核合意のさらなる履行停止に踏み切る可能性が強まっている。イラン政府によると、27日には低濃縮ウランの貯蔵量が核合意の制限を超えるというが、英独仏な…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ