メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

プレゼンテーション

関連キーワード

  • 五輪招致プレゼンテーション(2013年12月21日 朝刊)

    今年になってスポーツの国際会議などの場で4回行われた。最終プレゼンは9月のIOC総会の投票直前。東京は、高円宮妃久子さまのスピーチの後、パラリンピックの佐藤真海選手、招致委の竹田恒和理事長、水野正人専務理事、猪瀬直樹東京都知事、アナウンサーの滝川クリステルさん、フェンシングの太田雄貴選手、安倍晋三首相が登壇。イスタンブール、マドリードとの争いに勝った。

  • 居酒屋甲子園(2010年09月30日 朝刊)

    外食産業の活性化を目的に設立されたNPO法人「居酒屋甲子園」が主催。20席以上、客単価が2千〜5千円の居酒屋なら参加できる。1次から3次まで書面や覆面モニター調査などによる予選があり、各地域別に得点の上位6店が決勝に進む。決勝のプレゼンテーションは各20分。

  • FLL(ファースト・レゴ・リーグ)(2012年06月01日 朝刊)

    9〜15歳の青少年を対象にした世界最大規模の国際的なロボット競技会。米国のNPO法人「FIRST」と玩具メーカー「Lego」社によって1998年から始まった。3〜10人のチームが、組み立て玩具の「レゴ」を使ってオリジナルロボットを製作し、その性能を競う。競技とは別に、ロボットの説明やチーム紹介、決められたテーマの科学研究発表(2012年は「食の安全性」)といったプレゼンテーションが課せられ、総合点で順位が決まる。国内では2004年から開催され、日本大会の企画・運営はNPO法人青少年科学技術振興会。

最新ニュース

写真・図版

(Rugby Life エディからあなたへ)言葉の選択と伝え方、考え抜く(2019/8/20)有料記事

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の開幕まで20日であと1カ月。出場20チームの準備が山場を迎える中、その成否を分ける重要な要素の一つが、指揮官と選手のコミュニケーションだ。前回大会で日本に3…[続きを読む]

プレゼンテーションをコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ