メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

プロバイダー

関連キーワード

  • ミッドレベル・プロバイダー(2009年12月16日 朝刊)

    手術のときの開閉腹や助手、病気の治療、薬の処方、麻酔など、日本では医師法で医師しかできない仕事の一部が認められている医療職の総称。NPやPA、看護麻酔師などが該当する。日本では正式名称はまだないが、「非医師診療師」などとも言われる。修士課程で2〜3年学んだ後、国家試験に合格後に州に免許を申請する。NPは1〜3年ごと、PAは6年ごとに更新が必要。看護麻酔師は100年以上の歴史を持つ。NPとPAはともに1960年代後半から養成が始まった。

  • インターネットプロバイダー(2014年04月10日 朝刊)

    主に家庭のコンピューターを電話回線や光回線、ケーブルテレビ回線などを通じてインターネットにつなぐ事業。電子メールのアカウントやウェブページも提供する。ポータル(玄関)サイトの運営や音楽・映像の配信をするところも多い。

  • IX(2009年05月11日 朝刊)

    インターネットエクスチェンジの略。一般利用者にネット接続サービスを提供する「プロバイダー」が集まって回線を接続させる施設。インターネットはプロバイダーがつくるネットワークのネットワーク。多数のプロバイダーが個々に接続しあうと入り組んで効率が落ちるため、複数のプロバイダーをIXにまとめて、IX間を結んでいる。総務省によると、国内のIXはほとんどが大手プロバイダーの集まる東京にあり、主な事業者は三つ。多くのデータが東京経由になるため渋滞したり、災害時に一斉ダウンしたりするおそれがある。*ご意見や読みたいテーマをkeizai@asahi.comにお寄せ下さい

最新ニュース

2019年の展望:「2020」に向かう亥年(2019/1/17)

リリース発行企業:シスコシステムズ合同会社2019 年1月17日デイヴ・ウェストシスコシステムズ合同会社代表執行役員社長[画像: https://prtimes.jp/i/41032/1/resize…[続きを読む]

注目コンテンツ