メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月07日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ベッドタウン

関連キーワード

  • 樹木葬(2015年12月05日 朝刊)

    墓石の代わりに樹木を墓標とし、墓地として許可を受けた場所に埋葬する。埋葬のたびに区画ごとに苗木を植栽する型やシンボルツリーの周囲に複数埋葬する合葬型などがある。自然・節約志向が支持され、全国各地に広がっている。*「ぐるり東海」では東海3県のさまざまな地域の話題を順滋短期集中的にお届けします。今回の舞台は、名古屋市のベッドタウンとして発展著しい長久手市です。記者が連日通い、話題を掘り起こします。随時掲載します。

  • 綾瀬市(2016年03月25日 朝刊)

    人口8万4千人。神奈川県のほぼ中央にあり、ベッドタウン化が進む。厚木基地が面積の18%を占める。2017年度予定の東名高速綾瀬スマートインター完成を見越し、400社が集積する工業技術をデータベース化して発信。品質を高めた野菜を大都市圏へ出荷するなど、積極的なシティーセールスに努める。

  • 益城町(2016年04月23日 朝刊)

    熊本県の中央部、熊本市の東隣に位置するベッドタウン。人口約3万4千人、面積は約65平方キロで、熊本空港がある。スイカ栽培が盛んで、メロンや柿も特産。化粧品「ドモホルンリンクル」で知られる再春館製薬所の本社がある。

最新ニュース

写真・図版

国際法違反の入植地で考えた 併合へ諦め漂うパレスチナ(2020/7/23)有料会員記事

 イスラエルが、パレスチナ自治区内にあるユダヤ人入植地などを、イスラエルの領土に併合する動きをみせている。ただ、「国際法違反だ」とする国連などの批判は強い。現実に40万人が暮らす入植地。その併合とはい…[続きを読む]

ベッドタウンをコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ