メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ベートーベン

関連キーワード

  • ベートーベン・フリーズの原寸大複製(2019年05月30日 朝刊)

    1984年、オリジナル作品がオーストリア政府によって修復された際に制作された。現在はウィーンのベルベデーレ宮オーストリア絵画館が所蔵している。装飾で使った石などほとんど同じ素材で再現されており、複製ながらオリジナルの特徴を細部まで知ることのできる貴重な作品だ。本展では、ウィーン分離派会館にある実物の展示を再現している。展示室に入って左側が、騎士が現れる第1の壁「幸福への憧れ」、正面奥には第2の壁「敵対する力」、右側が第3の壁で歓喜の歌を合唱するクライマックスが描かれる。

  • ベートーベン・フリーズの原寸大複製(2019年08月31日 朝刊)

    1984年、オリジナル作品がオーストリア政府によって修復された際に制作された。現在はウィーンのベルベデーレ宮オーストリア絵画館が所蔵している。装飾で使った石などほとんど同じ素材で再現されており、複製ながらオリジナルの特徴を細部まで知ることのできる貴重な作品だ。本展では、ウィーン分離派会館にある実物の展示を再現している。展示室に入って左側が、騎士が現れる第1の壁「幸福への憧れ」、正面奥には第2の壁「敵対する力」、右側が第3の壁で歓喜の歌を合唱するクライマックスが描かれる。

  • ユネスコ記憶遺産事業(MOW)(2010年04月07日 朝刊)

    文書や絵画、音楽、映画など世界の重要な記憶遺産の保護を目的にユネスコが実施する事業。MOWは「メモリー・オブ・ザ・ワールド・プログラム」の頭文字。国などから登録申請を受け、真正性や重要性、価値などを審査し登録する。これまでドイツの「ベートーベンの交響曲第9番の草稿」など200件近い登録がある。

最新ニュース

写真・図版

寺内タケシさん死去 「エレキの神様」 82歳(2021/6/20)会員記事

 ギタリストの寺内タケシ(てらうち・たけし、本名寺内武〈てらうち・たけし〉)さんが18日、器質化肺炎のため、横浜市内の病院で死去した。82歳だった。通夜・葬儀は近親者のみでとりおこなう。喪主は長男章(…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】パワーと空力と美を追求

    ベントレー・コンチネンタル

  • 写真

    【&TRAVEL】尼子氏と毛利氏が争奪した城

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&Travel】イスタンブールの食と猫たち

    あの街の素顔

  • 写真

    【&M】乗車時の居心地の良さを追求

    「軽ベース」キャンピングカー

  • 写真

    【&w】ニューヨーク「草間彌生展」へ

    元NHKアナ・久保純子さん

  • 写真

    好書好日直木賞作家2人が小倉を探訪

    東山彰良・桜木紫乃さんコラボ

  • 写真

    論座想像力で弱点を見抜け原発

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン新たな別荘の“価値”とは?

    こと足りないことのぜいたく

  • 写真

    Aging Gracefully根もとよ立ち上がれ!

    気分が上がるヘアスタイル

  • 写真

    GLOBE+ワクチン接種が早い米国

    背景に湾岸戦争の経験?

  • 写真

    sippo人生初の猫との暮らし

    命を預かる責任ひしひしと

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ