メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ベートーベン

関連キーワード

  • ベートーベン・フリーズの原寸大複製(2019年05月30日 朝刊)

    1984年、オリジナル作品がオーストリア政府によって修復された際に制作された。現在はウィーンのベルベデーレ宮オーストリア絵画館が所蔵している。装飾で使った石などほとんど同じ素材で再現されており、複製ながらオリジナルの特徴を細部まで知ることのできる貴重な作品だ。本展では、ウィーン分離派会館にある実物の展示を再現している。展示室に入って左側が、騎士が現れる第1の壁「幸福への憧れ」、正面奥には第2の壁「敵対する力」、右側が第3の壁で歓喜の歌を合唱するクライマックスが描かれる。

  • ベートーベン・フリーズの原寸大複製(2019年08月31日 朝刊)

    1984年、オリジナル作品がオーストリア政府によって修復された際に制作された。現在はウィーンのベルベデーレ宮オーストリア絵画館が所蔵している。装飾で使った石などほとんど同じ素材で再現されており、複製ながらオリジナルの特徴を細部まで知ることのできる貴重な作品だ。本展では、ウィーン分離派会館にある実物の展示を再現している。展示室に入って左側が、騎士が現れる第1の壁「幸福への憧れ」、正面奥には第2の壁「敵対する力」、右側が第3の壁で歓喜の歌を合唱するクライマックスが描かれる。

  • ユネスコ記憶遺産事業(MOW)(2010年04月07日 朝刊)

    文書や絵画、音楽、映画など世界の重要な記憶遺産の保護を目的にユネスコが実施する事業。MOWは「メモリー・オブ・ザ・ワールド・プログラム」の頭文字。国などから登録申請を受け、真正性や重要性、価値などを審査し登録する。これまでドイツの「ベートーベンの交響曲第9番の草稿」など200件近い登録がある。

最新ニュース

写真・図版

オケ×VR、サロネンの挑戦 芸術は崇高、孤高ではない(2020/1/28)有料記事

 テクノロジーはクラシックの未来をどう変えるのか。オーケストラでの活動にVR(バーチャルリアリティー=仮想現実)装置を積極的に導入するなど、クラシック界に新たな風景を広げている指揮者エサペッカ・サロネ…[続きを読む]

ベートーベンをコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&D】ひと味違う京都を堪能

    「山と海の京都」 絶景ドライブ

  • 写真

    【&TRAVEL】明智光秀生誕の地と伝わる砦

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&M】スマホ連携や空気清浄機能も

    カローラツーリングに試乗

  • 写真

    【&w】石井ゆかりさんに聞く2020年

    「アドバイスしない」星占い

  • 写真

    好書好日池上彰さんが語る戦争文学

    ノーベル賞作家の名作が漫画に

  • 写真

    論座消費税増税後を語らない首相

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンフェランテのローファー

    洗練スエードシューズ5選

  • 写真

    T JAPAN仏芸術家が京都で学ぶこと

    「ヴィラ九条山」の活動

  • 写真

    GLOBE+「わからない」を体験

    アーティストチームの企み

  • 写真

    sippo警戒心が強い元野良犬「福」

    喜んで食べるおやつを手作り

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ