メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ボーナス

関連キーワード

  • ビズ社の仮想空間をめぐるマルチ商法(2010年04月22日 夕刊)

    仮想空間ビジネスは、米リンデンラボ社が03年に始めた「セカンドライフ」が、3D(3次元)の空間内で商取引や人的交流ができるとして注目された。ビズ社は、ネット上につくった日本列島そっくりの仮想空間「エクシングワールド」内で、会員が不動産ビジネスなどで収入を得ることができ、新規会員を勧誘すればボーナスも入るとしてDVDなどを購入させるマルチ商法を展開した。消費者庁は昨年11月、特定商取引法違反(不実告知など)にあたるとしてビズ社に6カ月間の一部業務停止を命令した。

  • 政務活動費(政活費)(2015年03月13日 朝刊)

    地方議員が政策などの調査研究などにあてるため、議員報酬やボーナスとは別に自治体が支給する公費。2013年施行の改正地方自治法で政務調査費から名称が変更され、「その他活動」にも使途が拡大した。埼玉県議会の政活費は、各会派に議員1人当たり月額50万円(年600万円)。13年度の支給額が最も多いのは東京都の年720万円で、最も少ないのは徳島県の年240万円。埼玉は全国で5番目に多い。交付されても使わなかった分は県に返還する。

  • 実質賃金指数(2015年09月05日 朝刊)

    モノの値段に対し、賃金が本当に上がっているかどうかをみる指標。基本給に残業代やボーナスなどを含めた現金給与総額の指数を消費者物価指数で割って算出する。1年前より物価上昇を超えるペースで賃金が上がれば前年比でプラスになる。

最新ニュース

地方公務員の働き方改革「会計年度任用職員制度」に対応する自治体向け人事給与アプリケーションを、LGWAN-ASPサービスとして提供開始|ワークスアプリケーションズ(2019/1/31)

リリース発行企業:株式会社ワークスアプリケーションズ法改正に伴う地方公共団体のシステム改修費用・業務負担を最小化株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役最高経営責任者:牧野正幸…[続きを読む]

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】タブレットにもなる超薄型PC

    薄さ約9.9ミリ、重量約775g

  • 写真

    【&TRAVEL】激揺れバスでヒマラヤ登山口

    再び「12万円で世界を歩く」

  • 写真

    【&M】時代に合ったコンセプトカー

    小川フミオの「世界の名車」

  • 写真

    【&w】森でいちばんのもふもふ

    ふくろうの赤ちゃん

  • 写真

    好書好日埼玉の人、ごめんなさい

    魔夜峰央「翔んで埼玉」映画に

  • 写真

    WEBRONZA橋本治は「体」の人だった

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン2シーターを楽しむジャガー

    2台目に欲しいスポーツカー

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語 第36回

  • 写真

    GLOBE+候補者なんと73人

    ナイジェリアの大統領選

  • 写真

    sippo倉庫の中で産まれた子猫

    新しい家で兄貴分に出会う

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ