メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ポピュリズム

関連キーワード

  • ポピュリズム(2015年12月23日 朝刊)

    一般的に、「エリート」を「大衆」と対立する集団と位置づけ、大衆の権利こそ尊重されるべきだとする政治思想をいう。ラテン語のポプルス(populus)=「民」が語源。こうした考えの政治家はポピュリストと呼ばれる。複数の集団による利害調整は排除し、社会の少数派の意見は尊重しない傾向が強い。「大衆迎合」「大衆扇動」の意味でも使われる。ただ、有権者の関心に応じて主張を変えたり、危機感をあおったりする手法は、ポピュリストとみなされない政治家も用いる。

最新ニュース

写真・図版

(WEBRONZA)「レッグス」が誇り持ち歩める社会を(2018/7/17)

 世の中の人がみな大学を出ているわけではありません。しかし、働き方をめぐる国の議論や政策を見ていると、大学に進学しない若者たち、いわゆるレッグス(LEGs: Lightly Educated Guys…[続きを読む]

写真

  • 吉川徹さん
  • 一昨年までトマトやキュウリを栽培していた畑をウチワサボテン畑に変えたエルメネヒルド・アルボラダさん。1・5ヘクタールに1万5千本を植えた=2018年6月29日午後8時18分、メキシコ・トラルネパントラ、岡田玄撮影
  • 本田克也さん
  • 『デジタル・ポピュリズム 操作される世論と民主主義』
  • ピアニストとして初来日したのは1966年。マルタ・アルゲリッチとの連弾も多い。「ベートーベンのピアノ・ソナタ全曲演奏にも再び取り組むつもりです」=2018年5月25日、ベルリン、峯岸進治氏撮影
  • 『ポピュリズムと司法の役割 裁判員制度にみる司法の変質』
  • 大竹弘二・南山大准教授
  • 取材に答えるイアン・ブレマー氏=25日、ワシントン、青山直篤撮影
  • IMFへの支援要請に反対するプラカードを掲げたデモ=2018年5月23日、ブエノスアイレス、岡田玄撮影
  • 「ゲッベルスと私」
  • IMFへの支援要請に反対するプラカードを掲げたデモ=5月23日、ブエノスアイレス、岡田玄撮影
  • 対談するマルクス・ガブリエルさん(中央右)と國分功一郎さん(同左)。右端は通訳を務めた斎藤幸平・大阪市立大学准教授、左端は朝日新聞の高久潤記者=2018年6月12日午後、東京・築地、越田省吾撮影
  • ピアニストとして初来日したのは1966年。マルタ・アルゲリッチとの連弾も多い。「ベートーベンのピアノ・ソナタ全曲演奏にも再び取り組むつもりです」=ベルリン、峯岸進治氏撮影
  • 金融政策決定会合後に記者会見する日本銀行の黒田東彦(はるひこ)総裁=2018年6月15日午後、東京都中央区の日銀本店
!

シンプルコースも「auかんたん決済」で

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】夏のアウトドアに!

    カセットガスで冷やす冷蔵庫

  • 写真

    【&TRAVEL】歴史感じるニュルンベルク

    ドイツ・ロマンチック街道

  • 写真

    【&M】高橋愛を支えきった新垣里沙

    モー娘。復権までの道のり

  • 写真

    【&w】デザイナー・三宅一生とは?

    上間常正@モード

  • 写真

    好書好日「えがないえほん」大ヒット

    全国行脚した訳者の苦労

  • 写真

    WEBRONZAメジャー前半戦の評価は

    二刀流で想像を超える大活躍

  • 写真

    アエラスタイルマガジンUKジャズとUKソウルが融合

    進化を続けるふたりの来日公演

  • 写真

    T JAPANバーバリーの名品を再解釈

    コラボレーション第二弾が登場

  • 写真

    GLOBE+バリ島のバナナで作る紙

    口コミで広がり世界へ

  • 写真

    sippo愛犬を失った心の傷を癒やす

    小さな猫の意外な行動

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ