メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月02日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

マララ・ユスフザイさん

マララ・ユスフザイ

マララさんが語る

  • 私が見たマララ

     パキスタンで武装勢力の脅威にさらされながら、子どもたちが教育を受ける権利を訴え続けてきたマララ・ユスフザイさんが12月10日、ノルウェーの首都オスロでノーベル平和賞を受賞します。17歳の少女は何を思い、いかに行動し、どう発言してきたのでしょうか。これまで朝日新聞で一部紹介したゆかりの人々の証言をさらに詳しくお伝えします。

心を打つマララさんの言葉

【動画】2009年にテレビ出演した時のマララさん=GeoTV提供

関連キーワード

  • マララ・ユスフザイさん(2013年07月13日 朝刊)

    パキスタンの女子学生。女子が教育を受ける権利をブログなどで訴えていた。昨年10月、下校中に武装勢力に襲われ、頭を銃で撃たれた。反政府武装勢力パキスタン・タリバーン運動(TTP)が犯行を認めた。英国の病院に搬送され、損傷した頭蓋骨(ずがいこつ)の修復手術などを受け、奇跡的に回復。支援の輪が世界中に広がり、今年のノーベル平和賞の有力候補に。TTPは再襲撃を予告しており、現在は英バーミンガムの学校に通っている。

最新ニュース

写真・図版

岡山)「世界を変えた女性」、イラストで紹介 岡山市(2020/3/8)

 8日の国際女性デーに合わせ、「世界を変えた女性たち」12人をイラストで表現した作品展がさんかく岡山(岡山市北区表町3丁目)で開催中だ。同市のイラストレーター村上めぐみさん(47)が「力強く生きる女性…[続きを読む]

マララ・ユスフザイをコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&AIRPORT】私たちが空を目指した理由

    航空会社に内定した学生の思い

  • 写真

    【&TRAVEL】欧州の「秘境」アルバニア

    あの街の素顔

  • 写真

    【&M】デザイナーが教える

    モノ選びで大切な視点

  • 写真

    【&w】生きている実感が湧く食事 

    鎌倉から、ものがたり。

  • 写真

    好書好日和田誠さんに学んだ仕事術

    一人で出版社・島田潤一郎さん

  • 写真

    論座コロナ危機高める専門家信仰

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンビジネスマン世論調査

    時差出勤の影響を感じますか?

  • 写真

    T JAPAN夏木マリが語る、人生の転機

    仕事、仲間、そして愛の話

  • 写真

    GLOBE+シリコンバレーの学校閉鎖

    デジタルネイティブの対応力

  • 写真

    sippoかゆみも続けば要注意

    犬の“事件”に役立つ応急処置

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ