メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

モダニズム

関連キーワード

  • モダニズム建築(2017年05月28日 朝刊)

    日本には1920年代にヨーロッパから伝わったとされ、50〜60年代の高度経済成長期に建てられたものが多い。装飾を排除し、合理性や機能美を追求しているのが特徴で、神奈川県鎌倉市の県立近代美術館や東京都渋谷区の国立代々木競技場が有名。

  • 旧志免鉱業所(2009年07月01日 夕刊)

    1906(明治39)年に軍艦の燃料とするため、旧海軍が直営炭鉱として開いた。戦後は唯一の国営炭鉱として旧運輸省、旧国鉄に引き継がれ、1964年に閉山した。竪坑櫓は増産を迫られた戦時下の43年に完成。鉄筋コンクリート製で高さ47・65メートル(地上9階)。07年に国の登録有形文化財になった。巻き上げ機を櫓内に収めた「ワインディングタワー」方式で、塔上部が突き出した「ハンマーコップ(金づち)」型。現存する同型の櫓は世界で数例しかない。四角が組み合わさった外観をモダニズム建築として評価する声があり、廃虚マニアも熱い視線を注ぐ。

  • 坂倉準三(1901〜69)(2010年09月04日 朝刊)

    岐阜県羽島市の造り酒屋に生まれ、東京帝国大学文学部美学美術史学科卒。パリ留学中にル・コルビュジエ(1887〜1965)の下で働き、モダニズム建築を学んだ。主な作品に、パリ万博日本館(1937)、神奈川県立近代美術館(1951)、東急文化会館(1956)、芦屋市民会館ルナ・ホール(1970)などがある。

最新ニュース

写真・図版

「苔の里」の住宅など3件が国登録文化財に(2022/7/31)

 国の文化審議会は22日、石川県小松市日用町の「高家住宅主屋」「高家住宅土蔵」と、金沢市西町三番丁の「旧石川県繊維会館」の3件を国の登録有形文化財(建造物)とするよう文部科学相に答申した。登録されれば…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】「施主最高齢」の両親へ

    花のない花屋

  • 写真

    【&M】女性がお茶を入れる会議

    なぜだめなのか

  • 写真

    【&Travel】緑豊か「最も住みやすい街」

    世界の街へ バージニア州

  • 写真

    【&M】僕の曲、鼻歌で歌ってほしい

    作詞家・いしわたり淳治さん

  • 写真

    【&w】まるで赤ちゃんのほっぺ

    このパンがすごい!

  • 写真

    好書好日中野好夫が憲法を「勉強」

    私費で日本人の憲法意識調査も

  • 写真

    論座非暴力抵抗こそが国民を守る

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンラルフ ローレン表参道に

    カフェトラック期間限定で登場

  • 写真

    Aging Gracefully岡村孝子さんインタビュー

    「今年も会えてよかった」

  • 写真

    GLOBE+「熱波は体をむしばむ」

    想像以上に大きい熱さの影響

  • 写真

    sippo財産を動物のために役立てる

    「遺贈寄付」という選択

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ