メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

モニタリング

関連キーワード

  • 汚染マップ(2011年10月24日 朝刊)

    文科省などが4月に作り始め、年内に計22都県分の公表を目指している。航空機モニタリングという手法を用い、ヘリコプターに高感度の検出器を乗せて地表の放射線を測定、地上1メートルの線量を割り出す。地上で数カ所、土壌での濃度や線量を測りセシウムかどうかや量も調べる。地上1メートルの線量の値がどんなとき、どれくらい蓄積しているかの関係を割り出す。天候が悪くて飛べないこともあり、1県分の結果が出るまで1カ月ほどかかる。

  • ムラサキイガイ(2013年12月12日 朝刊)

    海産の二枚貝で、貝殻は黒紫色。殻の幅は10センチほどになる。沿岸の岩やコンクリート護岸などに付着して暮らす。原産地は地中海。日本には1920〜30年代に侵入したとみられ、船のバラスト水とともに幼生が運ばれたり、船底に付着したりして広がったと考えられている。ムラサキイガイやその仲間を採取して海の汚染を調べる手法は「マッセル・ウオッチ」と呼ばれ、海外でも環境モニタリングに活用されている。

  • 海洋放出(2020年09月11日 朝刊)

    汚染水処分の方法として海洋放出が有力視されているのは、国内外の原子力施設で実績があるためだ。費用も他の方法より安い。原発などの廃水を海に流すときは、ALPSでも除去できないトリチウムを含めて、放射性物質を法令の基準値(告示濃度)以下にしている。健康への影響がないように、70歳まで毎日約2リットルの水を飲み続けても被曝(ひばく)線量が年1ミリシーベルト以下になる濃度などを算出する。水を蒸発させる大気放出という方法も過去に例があるが、より費用が高く、風などの影響を受けやすいためモニタリング(環境影響の監視)がやりにくいとされる。

最新ニュース

写真・図版

実施は必要?エリアは? 時短要請めぐり都と国が攻防(2020/11/27)会員記事

 新型コロナウイルスの感染防止策として、東京都は、酒類を提供する飲食店とカラオケ店への営業時間の短縮要請に踏み切った。ただ、慎重姿勢だった都と早期実施を求めた政府との間で、実施時期やエリアの範囲をめぐ…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】プログラミング教育の本質

    利根川裕太さんが語る

  • 写真

    【&w】伊藤沙莉さんインタビュー

    ヒロインに感じた居心地の悪さ

  • 写真

    【&TRAVEL】今にも動き出しそうな人形

    1日1旅

  • 写真

    【&M】黒いパンツは持って行かない

    紛争地赴任時の我がオキテ

  • 写真

    【&w】「しっこり」食感のパネトーネ

    このパンがすごい!

  • 写真

    好書好日ネガティブな自分を克服する

    ユーチューバー・エミリンさん

  • 写真

    論座今こそ、公助の出番

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンプロも一目置く傑作コート

    ロンドン生まれのグレンフェル

  • 写真

    T JAPAN進化したドライビングクラブ

    天然温泉やレストランも!

  • 写真

    GLOBE+トランプが募る法廷闘争献金

    大半の使途は「その他」

  • 写真

    sippo庭猫とのあまりに突然の別れ

    最後にそっとなでると悲しみが

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ