メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月10日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

モニタリング

関連キーワード

  • 汚染マップ(2011年10月24日 朝刊)

    文科省などが4月に作り始め、年内に計22都県分の公表を目指している。航空機モニタリングという手法を用い、ヘリコプターに高感度の検出器を乗せて地表の放射線を測定、地上1メートルの線量を割り出す。地上で数カ所、土壌での濃度や線量を測りセシウムかどうかや量も調べる。地上1メートルの線量の値がどんなとき、どれくらい蓄積しているかの関係を割り出す。天候が悪くて飛べないこともあり、1県分の結果が出るまで1カ月ほどかかる。

  • ムラサキイガイ(2013年12月12日 朝刊)

    海産の二枚貝で、貝殻は黒紫色。殻の幅は10センチほどになる。沿岸の岩やコンクリート護岸などに付着して暮らす。原産地は地中海。日本には1920〜30年代に侵入したとみられ、船のバラスト水とともに幼生が運ばれたり、船底に付着したりして広がったと考えられている。ムラサキイガイやその仲間を採取して海の汚染を調べる手法は「マッセル・ウオッチ」と呼ばれ、海外でも環境モニタリングに活用されている。

  • 海洋放出(2020年09月11日 朝刊)

    汚染水処分の方法として海洋放出が有力視されているのは、国内外の原子力施設で実績があるためだ。費用も他の方法より安い。原発などの廃水を海に流すときは、ALPSでも除去できないトリチウムを含めて、放射性物質を法令の基準値(告示濃度)以下にしている。健康への影響がないように、70歳まで毎日約2リットルの水を飲み続けても被曝(ひばく)線量が年1ミリシーベルト以下になる濃度などを算出する。水を蒸発させる大気放出という方法も過去に例があるが、より費用が高く、風などの影響を受けやすいためモニタリング(環境影響の監視)がやりにくいとされる。

最新ニュース

休廃止鉱山の坑廃水処理に新しい仕組みを(2021/5/10)

 足尾銅山の鉱毒事件は、日本の公害問題の原点ともいわれる。鉱山の採掘により、坑口などから多くの金属を含む坑廃水が河川に流れ、下流域に被害をもたらした。厄介なことに、採掘をやめても、休止鉱山から金属を含…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】子どもの好奇心に寄りそう

    厚切りジェイソンさん

  • 写真

    【&w】初夏のメイク、トレンドは?

    薄塗り軽やか、素肌感

  • 写真

    【&TRAVEL】嵐で流木にぶつかる!

    カヌーでユーコン川下り(3)

  • 写真

    【&M】「レクサスはつまらない」

    酷評された屈辱をバネに

  • 写真

    【&w】習い事、はじめました

    篠原ともえ アイデアのありか

  • 写真

    好書好日生きるヒントを込めた一杯

    マンガで学ぶ移動珈琲屋の仕事

  • 写真

    論座「ソンダー」で差別をなくす

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン贈り物にふさわしい

    ブルガリのギフトコレクション

  • 写真

    Aging Gracefully企業向けのオンライン勉強会

    エンパワーメントを目指して

  • 写真

    GLOBE+権利求める障害者わがまま?

    全盲の弁護士が断言した内容

  • 写真

    sippo保護犬の預かりボランティア

    留守番、時間のやりくりのコツ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ