メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ラーメン

傾いたラーメン店、平らな新天地へ 別れ惜しむ客続々(2017/5/18)

 店舗が大きく傾いていることで知られる和歌山市のラーメン店「まる豊」が今月下旬、老朽化し、立ち退きも求められたため移転する。[続きを読む]

写真・図版

メルシーのラーメン、「中毒」になる味 早大生とりこに (2017/12/25)

■大学グルメ・早稲田大学 都の西北こと早稲田大学の早稲田キャンパス(東京都新宿区)から徒歩5分。地下鉄早稲田駅までの通学路に、早大生をとりこにするラーメン屋があります。軒にかかる看板に軽食&ラーメン「メルシー」の文字。店頭のガラスケースには…[続きを読む]

ラーメンの新商品続々

食べテツもラーメン大好き

朝ドラにも

海外でも人気

関連キーワード

  • ラーメン(2013年06月20日 夕刊)

    正式名称は「即席マルタイラーメン」だが、まっすぐなめんの形状から「棒ラーメン」との呼び方が定着している。ノンフライ製法による生めんのような食感が人気で、味はとんこつやみそなど色々ある。パピヨン亭で出されるのは「九州を食す」シリーズで、7月以降は熊本と鹿児島のラーメンも登場する。

  • 鋼製ラーメン(2013年12月01日 朝刊)

    ドイツ語で「枠、額縁、骨組み」を指す言葉。県最上総合支庁道路計画課によると、肘折希望(のぞみ)大橋は、地中に鋼管杭119本を打ち込んだ。鋼管杭に直接、桁などを架設。コンクリート製床版を設置し道路を構築するという、鋼製ラーメン桟道橋工法で完成させた。山間部の急斜面での道路建設工事に効果を発揮し、柱や梁(はり)部分が溶接やボルトなどによって固く接合され、一体化された構造。

  • ベトナムの即席麺市場(2016年09月28日 朝刊)

    世界ラーメン協会によるとベトナムでの即席麺の総需要は48億食(2015年)で、世界の総需要の5%を占める。中国(香港を含む)やインドネシア、日本に次ぎ世界4位だ。ベトナムの人口は約9千万人で、1人あたり年間50食以上食べた計算になる。

最新ニュース

写真・図版

阪急百貨店、食品コラボ続々 今度はオタフクとあの味…(2018/11/20)

 阪急百貨店うめだ本店(大阪市)は12月5日から、オタフクソース(広島市)とつくった新しい「お好み焼き」を売り出す。同店は今秋、日清食品やハウス食品ともオリジナル商品を発売。百貨店に「商品が似たり寄っ…[続きを読む]

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】クルっと変身が楽しい!

    話題の3D&360対応カメラ

  • 写真

    【&TRAVEL】宝石のようなオリーブ手摘み

    干潮で現れる天使の散歩道

  • 写真

    【&M】SUVもさすがの乗り心地

    ロールスロイス・カリナン

  • 写真

    【&w】高2男子を“育てる”女たち

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日ただ「積む」だけの面白さ

    絵本「まる さんかく ぞう」

  • 写真

    WEBRONZA稀勢の里はもう休場できない

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンスーツの長持ちテクニック!

    そのひと手間で大きな差がつく

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語 第31回

  • 写真

    GLOBE+サードウェーブ、実は日本発

    アメリカ西海岸コーヒー物語

  • 写真

    sippo大施設で犬猫の譲渡会、急増

    会場側「動物の集客力すごい」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ