メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月01日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ロハニ大統領(イラン)

関連キーワード

  • 米・イラン関係(2014年07月09日 朝刊)

    イランは1979年の革命で、親米王制から政教一致のイスラム国家になった。同年、反米を叫ぶ学生がテヘランの米大使館を占拠。両国は80年に断交した。同年に起きたイラン・イラク戦争で米国はイラクを支援。05年に当選した強硬派アフマディネジャド大統領が核開発を進め、米国はイラン制裁を強化。穏健派ロハニ大統領が昨年当選し、両国は歩み寄る姿勢を見せ始めた。

  • イラン核開発問題(2015年07月15日 朝刊)

    2002年、イラン国内で核施設の建設が進んでいることが発覚。国際社会は核兵器製造を狙った動きだと疑った。イランは03年、英独仏とウラン濃縮の一時停止で合意したが、05年に強硬派のアフマディネジャド大統領が就任し、06年に濃縮を再開。国連安全保障理事会の制裁決議を無視し、「民生用」を口実に核開発を続けた。13年に穏健派のロハニ大統領が就任すると融和路線に転じ、15年4月、米英独仏中ロとの間で核開発制限を盛り込んだ「枠組み」に合意した。

最新ニュース

写真・図版

(世界発2020)経済制裁、イランの家計圧迫 米バイデン新政権へ、期待と不信感(2020/12/1)会員記事

 トランプ米政権による経済制裁で大きな打撃を受けてきたイランで、悪化する暮らしに国民の不満が募っている。来年6月に迫った大統領選では「経済」が大きな争点になりそうだ。米国のバイデン新政権への期待もある…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】学びにまつわる新しい「&」

    親子で知りたい情報満載

  • 写真

    【&TRAVEL】モデル女子3人旅in福岡

    おいしい&楽しいを求めて

  • 写真

    【&TRAVEL】灼熱の太陽と真っ黒な看板

    永瀬正敏フォト・ワークス

  • 写真

    【&M】アップルストアは異様?

    識者が見るブランドの核心

  • 写真

    【&w】「+J」復活の意味とは

    ジル・サンダーとユニクロ協作

  • 写真

    好書好日一からわかる「鬼滅」の魅力

    他のマンガにない3つの要素

  • 写真

    論座誘惑・誘導にだまされない法

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンチャンピオンのスウェット

    漫画家/コラムニスト 渋谷直角

  • 写真

    T JAPAN石岡瑛子の仕事

    大規模な回顧展が開催

  • 写真

    GLOBE+中国 影響力拡大の野望

    「ワクチン外交」の狙い

  • 写真

    sippo海岸で保護された猫

    先住猫を亡くし悲しみの遠ぼえ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ