メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月02日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ワシントン条約

関連キーワード

  • ワシントン条約(2016年09月20日 朝刊)

    絶滅があやぶまれる野生生物を守るため、生物や生物から作った製品の国際取引を規制する条約で、1975年に発効した。日本は80年から参加している。絶滅のおそれの程度によって、規制は3段階に分かれる。正式名称は「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」。英語の頭文字でCITES(サイテス)と呼ばれることもある。日本はクジラなどの規制には参加していない。

  • ワシントン条約とクロマグロ規制(2010年03月11日 朝刊)

    ワシントン条約は、絶滅の恐れがある野生動植物を守るために国際取引を規制する条約。1973年に採択された。日本は80年に加入。締約国は175カ国。クロマグロの規制は92年にスウェーデンが提案し、撤回したことがある。今回は09年10月にモナコが提案、国際商取引が禁止される「付属書1」に大西洋産クロマグロを掲載するよう求めている。付属書1には、ジュゴンやシーラカンスなどが掲載されている。

  • マンタとワシントン条約(2013年06月25日 朝刊)

    マンタはオニイトマキエイ、ナンヨウマンタなどに分類され、横幅3〜8メートル、体重は最大約3トン。東南アジア、インド洋、中米、アフリカなど熱帯や亜熱帯の海に広く生息する。総個体数の科学的統計はないが、乱獲などで急減しているとされる。ワシントン条約締約国は178。日本は1980年に批准。規制は厳しい順に付属書1〜3に分類され、マンタは付属書2の「取引を規制しなければ将来絶滅の危険性が高まる」とされた。

最新ニュース

写真・図版

鳥羽水族館のセイウチのクウ死ぬ 妊娠中、双子の赤ちゃんも 三重(2022/6/18)

 鳥羽水族館(三重県鳥羽市)は17日、3頭いるセイウチの1頭、雌のクウが16日に死んだ、と発表した。推定17歳で体重820キロ。妊娠していた双子の赤ちゃんも死んでいた。 クウは2006年にロシアから来…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】「嫌なことは嫌だと言っていい」

    性教育YouTuberシオリーヌさん<PR>

  • 写真

    【&M】カレー好きが集まる「名店」

    口福のカレー 千葉市・検見川

  • 写真

    【&Travel】東京の「いま」を安心して

    旅してみませんか<PR>

  • 写真

    【&M】下北沢×鯛茶漬け

    料理が好きなおばあちゃんの味

  • 写真

    【&w】仏料理シェフのパン焼き小屋

    このパンがすごい!

  • 写真

    好書好日性奴隷売買の闇に迫る

    潜入取材と証言でつづる

  • 写真

    論座五輪組織委サイトの保存は?

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンメンズコスメを上手に使う。

    目の下のたるみ、クマを隠す

  • 写真

    Aging Gracefully「推し活」で楽しい日々を

    「推し活」が心の栄養に

  • 写真

    GLOBE+飛行機で300キロ先へも

    アラスカのフードデリバリー

  • 写真

    sippoペットの死を尊重した別れ

    家族も一緒にエンゼルケア

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ