メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

三井住友銀行

関連キーワード

  • 三洋電機の優先株(2008年11月01日 夕刊)

    三洋は、04年の新潟県中越地震で半導体工場が被災した影響などで、05年3月期に当期赤字に転落し、経営危機に陥った。主取引銀行の三井住友銀行、米ゴールドマン・サックス、大和証券SMBCの両グループが06年、計3千億円を出資し、三洋の優先株を引き受けた。優先株は通常、一定の期間がたつと普通株への転換が可能で、3社の優先株もすでに普通株に転換できるようになっている。ただ、三洋は優先株売却について3社と覚書を結んでおり、09年3月までは全株を売却する場合には三洋の事前同意が必要、といった条件を設けている。

  • 関西アーバン銀行(2017年02月21日 朝刊)

    1922年創立の第二地方銀行で、本店は大阪市。住友銀行(現・三井住友銀行)系列だった関西銀行と、幸福銀行の営業譲渡を受けた関西さわやか銀行が2004年、合併して発足。10年にびわこ銀行と合併した。大阪、滋賀などに155店舗。連結総資産は4兆5187億円で、従業員数2698人(16年9月末)。

  • 国債市場特別参加者(プライマリー・ディーラー)(2017年03月22日 朝刊)

    国債を安定的に消化するため、財務省が2004年に導入した資格。三井住友銀行とみずほ銀行、証券会社19社が持つ。国債の入札に優先的に参加し、財務省と定期的に情報交換できる。一方、毎回の入札にかけられる国債の4%以上を応札し、年間では、短期国債以外は1%以上を落札することが義務づけられている。

最新ニュース

写真・図版

「改革後に辞任考える」東芝の永山取締役会議長 米紙に(2021/6/17)

 東芝の株主総会をめぐり経営陣と経済産業省が海外株主に圧力をかけたとされる問題で、取締役会議長を務める永山治氏が米紙のインタビューに応じた。ガバナンス(企業統治)などの問題を改革した後に辞任について考…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】瀬戸内海を見渡す無人駅

    海の見える駅 徒歩0分の絶景

  • 写真

    【&w】おいしい鮮魚やお惣菜を販売

    コロナ禍でもおいしいものを

  • 写真

    【&Travel】無性に撮りたかった店

    永瀬正敏フォト・ワークス

  • 写真

    【&M】「とわ子」音楽担当 

    坂東祐大が選ぶ今聴くべき5曲

  • 写真

    【&w】住みながら必要な部分だけ

    リノベーション・スタイル

  • 写真

    好書好日直木賞作家2人が小倉を探訪

    東山彰良・桜木紫乃さんコラボ

  • 写真

    論座今度こそCM規制議論を

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンホグロフスのTシャツの魅力

    機能性Tシャツ(其の3)

  • 写真

    Aging Gracefully板谷由夏さんインタビュー

    コロナ禍の先を見据えて

  • 写真

    GLOBE+ワクチン接種が早い米国

    背景に湾岸戦争の経験?

  • 写真

    sippo人生初の猫との暮らし

    命を預かる責任ひしひしと

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ