メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月07日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

三国志

関連キーワード

  • 邪馬台国論争と魏志倭人伝(2009年11月11日 朝刊)

    邪馬台国論争は、江戸時代の新井白石や本居宣長らに始まり、候補地は四国や山陰、北陸、東北説、ジャワ島説まで100カ所を超える。有力視されるのが吉野ケ里遺跡などを主な候補地とする九州説と、纒向遺跡などの畿内説だ。「魏志倭人伝」は、正しくは「三国志」魏書東夷伝倭人条(ぎしょとういでんわじんじょう)。編者・陳寿は晋王朝の吏官で、「三国志」は3世紀後半の成立とされる。「倭人は帯方の東南大海の中にあり、山島に依(よ)りて国邑(こくゆう)をなす」で始まり、邪馬台国への経路が登場する。問題になるのが距離と方角だ。魏(中国)から朝鮮半島の「狗邪(くや)韓国」を経て、海を渡って「対馬(つしま)国」「一支(いき)国」へ。さらに北部九州の「末盧(まつら)国」「伊都(いと)国」「奴(な)国」「不弥(ふみ)国」までの小国の推定地と行程については現地名との対照などで九州説も畿内説も、ほぼ一致するところ。問題はその後の「投馬(つま)国」までの「南水行20日」、さらに「邪馬台国」までの「南水行10日」「陸行1月」の行程だ。この通りに南へ進むとはるか南海の洋上に位置することになる。距離が誤りならば九州のどこかにあり、方角の「南」が「東」の間違いなら畿内にたどり着く。

  • 娘化(ニアンホワ)(2011年06月09日 朝刊)

    人物や物などを「女性化」「萌え化」した作品を指す中国のネット用語。イラスト集「乙女絵巻水滸伝」や、孫子の兵法の訳本「萌訳孫子ちゃんの兵没、「三国志」がテーマの「恋姫無双」など中国古典を「娘化」した日本の作品が、中国で話題に。百元さんによると、江戸時代には曲亭馬琴の「傾城水滸伝」があり、歴史あるジャンル。

  • 論語の注釈書(2020年09月27日 朝刊)

    「論語」は古くから、本文に添えて内容を解説する注釈書を通じて主に伝わってきた。研究者はこうした注釈書も含め広い意味で「論語」とみなす。有名な注釈書は、三国志で知られる魏の241年、何晏(かあん)らがまとめた「論語集解(しっかい)」。集解にさらに注釈を加えたのが、今回確認された「論語義疏」。その内容は「論語の本文」「何晏らによる注」「皇侃の注」という3段構成となっている。

最新ニュース

写真・図版

(魂の中小企業) 元有名IT会社の男、「食費ゼロ円生活」の覚悟(2022/6/7)

 少子高齢化が止まりません。地方の過疎化も、なかなか止まりません。 疲弊する地方を何とかしたい。志ある人たちが、各地で立ち上がっています。 兵庫県の中東部にある丹波篠山市。そこに、「福住(ふくすみ)」…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】米国・ハワイの島巡り

    クルーズへの招待状

  • 写真

    【&w】吉田拓郎さんへのアンサー

    篠原ともえ アイデアのありか

  • 写真

    【&Travel】こちらも大坂城石垣の故郷

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&M】手塚治虫文化賞選考の裏側

    朝日新聞記者が見た熱い議論

  • 写真

    【&w】海洋汚染を親子で考える絵本

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日小説家という実験室の探求

    村田沙耶香の新刊「信仰」

  • 写真

    論座「気候クラブ」議論に関与を

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン俳優・塩野瑛久を魅了する物

    パールの魅力に惹かれる

  • 写真

    Aging Gracefully内田有紀さんインタビュー

    日々大切にしていることとは

  • 写真

    GLOBE+「ここで子を持ちたくない」

    脱出を考える中国の若者たち

  • 写真

    sippo元保護猫のきょうだい猫

    すくすく成長ずっと仲良し

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ