メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月10日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

三木市

関連キーワード

  • ロタウイルス胃腸炎(2012年04月17日 朝刊)

    「ロタ」は車輪を意味するラテン語で、ウイルスの形が似ているため。わずかな量で感染して小腸で増え、発症までの潜伏期間は2〜4日。白色の便が出ることも。国立感染症研究所によると、5歳までにほぼ全員がかかり、5歳以下の患者数は年間約80万人。その4分の3は2歳以下だ。患者の15人に1人は入院していると推定される。発症を防いだり症状を軽くしたりするワクチンが、昨年11月から接種可能になった。生後6〜24週に4週間以上あけて2回接種する必要がある。任意接種なので2回で3万円前後の負担になるため、兵庫県三木市が1回につき7千円、奈良県斑鳩町が半額と、助成する自治体が出始めた。

  • 県内のニュータウン(2018年10月16日 朝刊)

    県が2016年に作った「県ニュータウン再生ガイドライン」によると、県内には大規模ニュータウン(計画戸数1千戸以上か計画人口3千人以上)が86地区ある。半数以上の52地区は神戸市にあり、川西市に7地区、西宮市に6地区、三田市、三木市に各4地区など。約7割の地区が開発から30年以上過ぎており、約6割で人口減少や高齢化が進む。大規模ニュータウン内の人口は80万7817人(10年国勢調査)で、県内の市街化区域の17.8%が住む。

最新ニュース

写真・図版

家屋に犬66匹、強烈な悪臭 ひざ下まであった餌や体毛(2020/7/12)会員記事

 ペットが増えすぎて適正に飼えなくなる問題が全国で相次ぐ。国は「多頭飼育崩壊」の問題を重く見て、法改正に乗り出した。ただ、虐待した飼い主からペットを強制的に保護できないなど、制度の限界を指摘する声もあ…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ